140904v1.jpg   131216u1d.jpg

足の骨が折れた 

スポーツのやり過ぎで、足の骨が折れました。
161214t1.jpg

鍛えているから大丈夫だと思っていましたが、疲労がたまっていたようで。
もう二度と骨折したくありませんが、気付いたことを忘れないようにメモしておきます。これを見返す度に当時の恐怖と苦労が思い出され、もう無理はしなくなるはず。

メモ
・松葉杖で階段は危険。
とくに降りる時、体重移動を間違えて踏み外すと体が宙に浮く。この時、脇で松葉杖を支える格好になる為、両腕が外へ跳ね上がり手すりが持てない。一瞬で体を反転させ右側にある手すりを左手で握りましたが、体は階段と同じ角度だった。もし、手すりを握れなかったら背中を階段に強打していたはず。後頭部を強打していたら、あの世へ行ってたかも。

これを経験した後、しばらくの間は恐怖が消えず階段で一歩踏み出すことができなかった。

その後、階段では松葉杖を使わず両手を階段に乗せて片足でピョンピョン飛びながら上がっています。降りる時は、手すりを持ちながら片足でピョンピョン。なるだけ片足に負担がかからないよう、バネのように着地して衝撃を弱めています。

問題は外出先での階段。
これは本当に怖い。家のように松葉杖を置いていけないので大変です。付き添いの人がいたら、上がる時は後ろ、下がる時は前に立ってもらい、その人にもしっかりと手すりを持ってもらう。それで一歩一歩ゆっくり進む。自分一人なら手すり側を進みますが、ある意味で運を天に任せている状態です。

エレベーターがあるなら遠くても利用する。
近道で危険な階段より、遠くても安全なエレベータで。

・お風呂
大きめのナイロン袋で足を包み、太め大きめの輪ゴムで留める。
滑ると大ケガするので絶対に片足でピョンピョンしない。両手を使い這うように出入りする。

・指先を動かして血流を促す
ギブスは足首を広範囲に固めるので、全く動きません。足の指を動かして血流を促します。

・椅子に長く座れない
椅子に30分も座っていると「だるくて痛い」ような感じになる。
寝そべったり足を高くすると楽になる。

・松葉杖は持つところに柔らかいものを巻きつける
そのままだと手が痛くなる。外出して10分歩くと痛くなった。柔らかいものを巻き付けても長くは歩けない。慣れてくると違うはずですが、3週間経っても同じ状況。

・自己診断はやめて整形外科へ
過去に2度捻挫していますが、それとは全く違う痛みでした。足を地面に着けるだけで痛い。
応急処置として氷袋を当てますが、すぐ病院へ行く方が安心です。レントゲンで骨折の有無を確認してもらい、適切な処置を早くやってもらう。

過去の捻挫について
1度目は、捻挫した直後は動けなかったが30分もすれば歩けた。2週間くらい経った頃には痛みも無くなり大丈夫と思っていたら、2度目の捻挫。これが治るまで1ヵ月以上かかりました。完治する前に捻挫すると、1回目より大きな捻挫になるようです。

・キャスター付きの椅子が重宝する
こんなものを買いました。
161214t2.jpg

松葉杖をついていると物が持てません。
グラス、皿、何か1つでも持ち運びできない。片足ケンケンで運べるようになったのは2週間目。バネの要領で上手くやれば、飲み物もこぼさず運べるようになりました。でも、両手で何かする時に片足だけでは無理がある。そんな時に役立つのがキャスター付きの椅子。

キャスターの直径が大きいとキッチンで調理する時に邪魔になると思い、小さい物を選びました。
注意するところ
椅子が高いと調理する時に楽ですが、高いままだと座る時が危険。斜めに座ると椅子が後ろへ進み、体が後ろへひっくり返る。熱い物を持っていたら怪我と火傷するかもしれません。立つ時は椅子を低くしておく方が安全。

・釣りバケツが役に立つ
161214t3.jpg

1階と2階に物を運ぶ時、松葉杖をついて運べません。片足ケンケンでも階段では大変です。
何か良い方法はないかと考え、釣り具の電動リールを使って上下させることを思いつきました。でも、電動リールを固定する器具は船縁用に作られているので合いません。どうにか加工できないものかと思っていたら、釣りバケツに目がとまり「これだ」と。防波堤などで海水を汲む時に使う釣りバケツです。ロープには50cmおきにストッパーが付いているので、滑らず簡単に巻き取れます。

バケツの中に入れて先に移動させ、後から自分だけ移動する。
松葉杖でも、くくり付ければ大丈夫。

12月20日 追記
1ヵ月でギブスが外れました。
レントゲンで確認してもらうと、折れたところは全く同じでくっついていません。ただ、1ヶ月固定すれば骨がズレ難くなるようで、そうなれば外して良いみたい。

触診および痛みが無いことを確認されると、簡易サポーターにしましょうと。
血行を良くするのと筋肉を動かすのも必要なので、体重はかけずに良く動かして下さいと言われました。

簡易サポーターは取り外しできるので、お風呂がとっても楽になりました。
袋で包み輪ゴムで留め、片足あげて入るお風呂から解放。そして、たっぷりの湯に浸かっていられます。

折れた右足は筋肉が落ちて細くなりました。左足の太さと全く違います。
右足の半分というのは大袈裟ですが、それぐらい激変した足を見て「その細さを目指して痩せたい」と変なところにヤル気が出ています。

・食品売り場で突き飛ばされた
広い通路で、お客さんも少ない時間帯。
それでも邪魔にならないよう端に立っていたら、横から突き飛ばされた。幸いにも横からなので松葉杖が支えになり転倒は逃れましたが、これが前後だったら間違いなく転倒していたでしょうし、階段だったら転げ落ちて死んでいたかも。もちろん、その人と目が合って喧嘩を売られたという猿の喧嘩みたいなお話ではありません。広い通路なのに、わざわざ隣を進んできて付き飛ばし。詳細は書けませんが、その人を見て仕方ないかなぁと。でも、仕方ないで大怪我は嫌なので、松葉杖が取れるまで人の往来には十分注意しようと思いました。

また何か気付くことがあれば、追記します。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
関連記事

XO醤のタレ

ハロウィンキャンプ 2016年