140904v1.jpg   131216u1d.jpg

バイオゴールドの土 ストレスゼロ 
160523a1.jpg

この土を知ったのは、バラの講習を受けた時。
今までの常識を覆すような土に驚きました。
触ると硬い粒状の土なので、始めはとても違和感があります。「これは小さな石ですか」と尋ねたほど。

粒状なので水はけが良く、根にストレスがかかりません。
土が粘土状になったり硬くなると根が伸びず、花もあまり咲かなくなります。酷い時は、植え替え時の根が伸びず、そのままなんてことも。

一番のメリットは繰り返し使えること。
理想的な土の配合は、ネットや本などでよく書かれています。そして、植物が大きくなるごとに植え替えなければいけません。そんな時に古い土をどう処分するか、これが大変困るのです。でも、バイオゴールドの土なら、繰り返し使えるので捨てなくていい。

これは、昨年末に植えたパンジーの根
160523a2.jpg
鉢いっぱいに広がった根。
この根が示すように、素晴らしい花が沢山咲きました。

それを手で揉みほぐすと
160523a3.jpg
土の回収率は、ほぼ100%
粒状のままなので、また使えるのです。これ、本当に凄いと思います。

根にストレスゼロですが、人にもストレスゼロです。
土の処分を考えなくても良いのですから。

今は、庭にある半分くらいの鉢がバイオゴールドの土です。
これから、少しずつバイオゴールドの土に変えていく予定。

これに混ぜているのが、バイオゴールドの元肥
160523a4.jpg

バイオゴールドの土がもっと安価になれば、今売られている半分以上の土が売れなくなるかも・・・いや、今のままでもありえるか。
調べると分かりますが、売っているところがほとんどありません。楽天でも1社のみの扱いになっています。「高くて売れない」で置かないというより、「他社との付き合い」で置かないのかなぁ・・・と思えてしまうほど。

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
関連記事

新玉葱と人参のマリネ

家庭菜園 2016年 夏野菜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。