140904v1.jpg   131216u1d.jpg

ティファール(T-fal)を買いました 
160512t1.jpg

いきさつは、こちらです。
リバーライト(RIVER LIGHT)を買いました

超ヘルシーな料理が作りたい時や、鉄フライパンほど豪快に料理しない時はティファールで。そんな思いから3つ買いました。
「グランブルー・プレミア」シリーズです。IHは必要無いので、ガス専用シリーズで。今までの3倍長持ちするようす。
選んだのは29cmフライパン、20cmフライパン、28cmウォックパン。

同じガス専用3倍長持ちでも、グランブルーと1cm違いのシリーズがあります。20cmは一緒ですが、他のサイズは1cm違いなのです。この1cmが悩ませる(^^;)
同じグランブルーで1cm違いでも悩むところ、シリーズが違うと他に違うところがあるのか二重の悩みに。そんな時はすぐに電話。要約すると「お客様のニーズにお応えできるように」とのことで、単にサイズが違うだけのようでした。他、百貨店など一部の店舗でしか販売していないシリーズもあり。

「大は小を兼ねる」と言いますが、フライパンは「大は中を兼ねる」と思っています。小サイズが必要な時に大サイズは大き過ぎる。例えばオムレツを作る時など。そんなことから、最大サイズ29cmがあるグランブルーに決定。次は、炒め物が楽にできる中華鍋風のウォックパン。これは外せません。そして小サイズとなる20cmフライパン。これで大丈夫。

フライパン大集合
160512t2.jpg

リバーライト5つと、ティファール3つ、卵焼き用1つ、グリルパン1つ。
「これだけのフライパンをどこに置くの」そんな声が聞こえてきそうですが・・・

大丈夫ですよ。
160512t3.jpg

グリルパンの上にリバーライトシリーズを重ねると、ご覧の通りコンパクトに。
棚にスッポリと入ります。

そして、ティファールは
160512t4.jpg

ダクトにひっかけています。
コーティングフライパンは(そのまま)重ね置きすると傷がつくし、底にリードペーパーかタオルを挟んでも、縁がこすれると傷がつく。これを気にするのが嫌なので、ダクトにひっかけています。これだとすぐに使えるし。鉄は大丈夫なのでリバーライトは重ね置き。

鉄のリバーライト、コーティングのティファール、用途に合わせた品揃え。
フル装備のフライパンを見ていると気持ちが高ぶってきます(^^)

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
関連記事

うめオクラ

もつ鍋

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。