140904v1.jpg   131216u1d.jpg

千枚漬け 
(かぶ、カブ、蕪)
150217a11.jpg

田舎道を車で通っていたら、軽トラックでカブの販売をしているところに出会いました。
軽トラックに大量のカブを乗せ、皮を剥いてスライスまでして下さるのです。しかも、1個分(重さ1kg)で100円!これくらい大きくなると、特大のスライサーがないとスライスできません。これはありがたい。

親切丁寧に作り方まで教えていただき、2個お買い上げ。

★★★レシピ★★★
1、材料
150217a2.jpg

カブ1kg分
・カブ1kg
・穀物酢 200cc
・砂糖 100g
・だし昆布 5g ハサミで適当な大きさに切る。
・鷹の爪 1本 半分に切ってから種を揉み出す。その後、ハサミで輪切り。

2、下ごしらえ
塩(5g)を、カブ1枚ごと振りかけて重ねていきます。
カブに対して塩の量が少しなので、「ほんの少しずつ全体にパラパラとかける」そんな感じです。塩の量が増えると辛くなるので、5g程度を守ります。全部に振りかけたら、そのまま1晩寝かせます。

1晩経つと、カブから水分が出てきます。
150217a3.jpg

3、漬ける
カブから出てきた水を捨て、穀物酢(500cc)と砂糖(100g)を混ぜた物の中へ漬け込みます。あらかじめ合わせておいた中へ、カブを1枚ずつ漬けていく。昆布と鷹の爪はカブ数枚ごとにパラパラと。ボールは下部の直径が小さいので、カブも小さい(カブの上部と下部は直径が小さい)方から入れると、ぴったりになります。
150217a4.jpg

150217a5.jpg

4、寝かせて出来上がり
1晩寝かせたら出来上がり。
150217a12.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
関連記事

鰤アラと芽キャベツの煮物

豚肉の芋煮

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。