140904v1.jpg   131216u1d.jpg

すぐにできるビスケット生地の作り方 
140919a1.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料
・ビスケットを並べて数を把握
140919a2.jpg

型に並べて数を把握します。
ビスケットの隙間を埋める為、上に4枚乗せています。
18cmの型で16枚。約60gです。

・ビスケットの数に対して半分のバターをレンジで溶かす。
今回は30gです。

3、踏んで叩けば1分で終わり
厚めの袋に生地を入れ、キッチンマットの上で30秒足踏みします。
フローリングの上でやると傷がつくので、必ずキッチンマットの上で。

その後、トンカチで30秒叩けば粉々になります。
140919a3.jpg

私は、園芸用の「面積が広い」トンカチを使っています。
大きなビスケットが残っていると、冷え固めた時に(そこから)割れますからしっかり粉々にする。
およそ1分で完了。

4、バターと混ぜて型に詰める
140919a4.jpg

ビスケットにバターを揉み込む感じで、しっかりと混ぜます。
バターで固める為、混ざっていないところがあると割れる原因になります。

生地の上に何か別のものを流し込む場合がほとんどなので、型のまわりにフィルムを貼っておきます。そうすると、後で取り出しやすくなります。
140919a5.jpg

ビスケット生地を粉々にした袋を裏返し、手を入れて隅々まで押さえ固めていきます。こうすると手が(バターの油で)汚れません。冷えると固まりますが、しっかり押さえ固めていないと割れます。
140919a7.jpg

詰め終えたら、冷蔵庫で1-2時間冷やせば出来上がり

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
関連記事

ブルーベリーのレアチーズケーキ

肉豆腐

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。