140904v1.jpg   131216u1d.jpg

ニジマス釣りへ行ってきました 
GWは親戚とニジマス釣りへ。
翌日は兵庫県赤穂市で、塩作り体験、アジ釣り、潮干狩り。

ニジマス釣りは、いつもの場所へ
140508a1.jpg

さすがGWです。
お客さんでいっぱい。

でも、区画された場所で釣りますから混雑しません。
石で区切られたところへ、ニジマスを放流してくれます。簡単に言えば、川を利用した釣堀りです。

早速、釣れる釣れる釣れる!
140508a3.jpg

小さい子供はアクロバティックに!
140508a11.jpg

小さい子供は長竿だと無理があるので、少し短めの竿を使います。
でも、川幅があると仕掛けが届きません。
そんな時は子供を支えてあげながら、アクロバテックに仕掛けを投入!
ありえない体勢(角度)で釣る子供に、周りは大笑い(^^)

放流直後は、ニジマスが群れになって動きます。それが見えるので(群れの付近に)落とせば簡単に釣れますが、時間が経つと岩陰に隠れてしまい釣れなくなってきます。小さい子供がいる時は、群れが見えているうちにドンドン釣らせてあげましょう。魚が警戒すると釣れなくなるので、始めのうちにいっぱい釣らせてあげて。

〇釣り方のコツ
ステップ1から順番に進めていきます。

ステップ1、始めは太い仕掛けで
放流直後は魚に警戒心がありませんから、「糸切れしないように太い糸、魚が針を飲み込まない太い針」で釣ります。

アタリがあっても(ウキが沈んでも)すぐに合わせられないと魚が針を飲み込む可能性が高くなります。そうなるとペンチか針外しで取りますが、奥深く飲み込んでいると外すのに時間がかかります。また、竿の曲りで魚の引っ張る力を逃がしたり糸切れしないような竿さばきができなければ、細い糸だとすぐに切れてしまう。

時間が経つと群れが見えなくなりますから、見えている間にどんどん釣ります。
放流された半分以上は釣りたいところです。
そんな時に、針外しや糸切れで時間を取られていたらもったいない。

あと、魚とのやり取りを楽しむ為に泳がすのもダメです。
釣れた魚が嫌がって激しく動けば、他の魚も警戒するので釣れなくなります。釣れたら一気に引き抜く。そうすればアッという間にいなくなるので、他の魚は警戒しないまま。

のんびり泳がすのはステップ2か3になってから。釣れたら、どうみても魚がいない場所へ引っ張っていき、そこで引きを楽しむようにしましょう。

ステップ2、群れが見えなくなったら岩陰狙い
ここからは魚との知恵比べになりますから、急ぐ必要はありません。
釣ったニジマスを焼き始めましょう。
焼けたら食べてのんびり過ごす。その間に魚の警戒心も少し和らぎます。
140508a10.jpg

警戒心が強くなると岩陰に隠れるようになりますから、上から見えている大きな岩の前後左右に仕掛けを流します。
この時の魚は、目線より上下に餌が流れても見向きしませんから、魚の目の前を餌が通るようにウキ下も少しずつ変化させながら流していきます。

ウキと仕掛けをよく見て、餌よりウキが先に流れるようならウキを外します。
狭い川幅でも流れが変化しているので、餌とウキの位置関係はよく見ておきましょう。
餌がウキに引っ張られると、餌が不自然な動きになり魚は食いついてきません。

本当は専用の目印をつけて釣りますが、なければウキをつけていたウキゴムに爪楊枝の先か落ちている細枝を挟んで目印にします。これで、深さと糸の位置が確認できるはず。ウキが無いので流れによる抵抗が少なくなり、仕掛けはゆっくり流れます。止めて流して止めて流して・・・そんな風に少しずつ流れに乗せていくと、餌がふわふわ動いてニジマスへのアピールにつながります。警戒心が強い時は、真っ直ぐに流れてくる餌よりも、ふわふわ動く餌の方が反応は良くなります。

ステップ3、上流の岩陰を狙う
写真では右上の岩陰です。
手前は人の気配を感じているので、奥の岩陰。白い枠で囲んだところです。
140508a5.jpg

深くて下の石などが見えていないところを集中的に流していきます。上から流れてくる水が一気に入るところなので、流れも速い。仕掛けが流されるのも早いですが、何度も何度も繰り返して狙えば食いついてくるはず。

ステップ4、細仕掛けに変更
上記した方法で釣れなくなればニジマスの警戒心もかなり強くなっていますから、細仕掛けに変更して糸と針が見えないようにします。具体的には、ハリス0.2号、針は餌(イクラ、ぶどう虫)をつけた時に針が見えなくなる小さいものを使います。但し、針が小さいので合わせが遅いと飲み込まれますし、糸が細いので無理矢理引っ張ると切れますから注意しなければいけません。この細仕掛けで、上記したポイントを狙えば釣れるはず。そして・・・周りは釣れていないのに自分だけポツリポツリと釣れる快感を味わうことができます(^^)

そうやって釣り上げた魚
140508a4.jpg

焼いていただきます。
140508a2.jpg

自然の中で釣り、自然の中で焼き魚
言葉にできない良さがありますね。

〇管理釣り場でのマナー
ビックリしたのは、子供が他人の釣り場(区画された川の中)へジャブジャブ入っているのに親は見ていながら注意せず。それに、同じく他人の釣り場に石を投げいれる子供。これには注意していましたが、注意だけなので何度も何度も石を投げ入れていました。これでは魚が釣れなくなるし、釣っている人は怒りますよ。お金を払って区画内で釣りをしているのですから、ある程度のマナーは守らなければいけませんね。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

15位以内に入るのが目標なので応援して下さい。
関連記事

GWは兵庫県赤穂市へ

アサリとタケノコの炊き込みご飯

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。