140904v1.jpg   131216u1d.jpg

鶏皮と赤万願寺とうがらしの煮物 
131025f1.jpg

「とうがらし」ですが、万願寺とうがらしは辛くありません。
大きくて肉厚なだけに、旨味もあります。

昔は緑色した万願寺だけ出荷され、(収穫しないと徐々に赤色になる)赤万願寺は廃棄されていましたが、最近は色が綺麗で料理映えする赤万願寺も良く売れるようになっています。これに伴い、赤万願寺も多く出荷されるようになりました。

★★★レシピ★★★
1、材料
131025f2.jpg

4人分
・鶏皮 150g
・赤万願寺とうがらし 8本
・生姜 少々

2、下ごしらえ
131025f3.jpg

・鶏皮は野菜を湯がく要領で塩湯がきします。野菜の湯がき方
その後、余分な脂を切り取り、1口大の大きさに切ります。

・赤万願寺は軸を切り落としてから縦半分。
その後、種と筋を切り取り、3等分にします。

・生姜はおろす。

3、煮る
だし(400cc)、砂糖(大さじ1)、味醂(大さじ1)、濃口醤油(大さじ2)、塩(1つまみ)、おろし生姜(少々)を火にかける。沸いたら鶏皮と赤万願寺を入れて落し蓋。少し強めに沸かしながら10分煮ます。
131025f4.jpg

10分経った状態
131025f5.jpg

最後に、水溶き片栗粉で少しとろみを付けたら出来上がり。
水溶き片栗粉の作り方と入れ方
131025f6.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)
関連記事

スピード料理・超簡単料理

長芋納豆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。