140904v1.jpg   131216u1d.jpg

アサリのカルボナーラ 
(あさり、浅利)
131019w1.jpg

火にかけながら作るとダマになり易いカルボナーラですが、ソースと具材をボールで合わせれば絶対に失敗しません。難しいイメージのカルボナーラが超簡単にできちゃうのです。ソースに、チキンと牛のエキスを加えると美味しさとコクがアップ。

★★★レシピ★★★
1、材料
131019w2.jpg

2人分
・アサリ 200g
・ミニチンゲン菜(青梗菜) 2本
・ベーコン 50g
・玉葱 1/2個
・卵 2個
・生クリーム 200cc
・牛乳 50cc
・チキンブイヨンの素 小さじ1/3
・野菜ブイヨンの素 小さじ1/3
・牛ダシの素 小さじ1/3
・白ワイン 大さじ2
・ペンネ 2人分

2、下ごしらえ
131019w3.jpg

・アサリは砂出し。アサリの砂出し
・ベーコンは短冊にします。
・ミニチンゲン菜は、葉と茎に分けます。
・玉葱はスライス。

ソースを合わせておく
牛乳(50cc)と生クリーム(200cc)を合わせて火にかけます。少し温かくなったら火を止め、チキンブイヨンの素、野菜ブイヨンの素、牛ダシの素をそれぞれ(小さじ1/3)加えて溶かす。その後、ボールに卵黄(2個)を溶き、鍋のソースを少しずつ入れながら伸ばす。最後に、塩(2つまみ)、黒胡椒(2振り)して、ソースの下準備完了。

3、ペンネを茹でながら炒める
・ペンネを茹でる。パスタの茹で方
・ベーコンと玉葱を中火で炒めます。ベーコンから脂が出るので、油はひきません。
131019w4.jpg

ベーコンと玉葱が色付いたら、アサリ、チンゲン菜の茎、白ワイン(大さじ2)を入れて蓋。
131019w5.jpg

アサリが開いたら、茹であがったペンネとチンゲン菜の葉を入れて混ぜる。

4、ソースと合わせる
ボールの中で合わせたソースの中へ入れます。
131019w6.jpg

全体を混ぜているうちに、ソースの中に溶け込んだ卵黄に熱が入りドロッとしてきます。
そこでお皿に移せば出来上がり。
131019w7.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)
関連記事

温泉卵入りキノコ丼

オクラと海苔のネバネバ和え

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。