140904v1.jpg   131216u1d.jpg

沖縄旅行2日目(前半) 

1、体験ダイビング
娘をウミガメと一緒に泳がせてあげたいと思い、予約していました。
娘はダイビングが初めて。私達夫婦も10年以上前に体験ダイビングを1度やっただけ。

ウミガメと一緒に泳げるのか?会えるのか?それより、家族揃って上手くダイビングができるのか?という不安が交錯。後者がダメならウミガメどころではありません。娘は不安よりも先に、サメとクジラが来ないかという恐怖もあったようです。

那覇にあるダイビングショップへ到着。
受け付けを済ませ、自分の車で港へ。

専用のクルーザーで慶良間諸島へ向けて出発です。
およそ30分で目的地に到着。海が透き通るような青さ・・・こちら関西とは別世界の海を見ているだけで満足します。

ウエットスーツに着替えたら30分ほど説明を受けます。
その後、2人に対して1人のインストラクターが付き添うかたちで、海へ入ります。
ショップのご配慮から、娘を確実にフォローするため1人のインストラクターがついてくれました。

私達夫婦が先に海へ
インストラクターが私達の背中を持ちながら進んでくれますから、難しいことはありません。進む方向へ足を動かせば良いだけ。

そうしていると、ウミガメ発見
130829a3.jpg

ウミガメに会えた嬉しさでいっぱいになりましたが、次は娘に早く見せてあげたい・・・・そう思って娘を探すと・・・なんと水深1-2mのところでじっとしています。

どうしたのか見ていると、耳抜きが上手くできないようで上下を繰り返しています。
ゆっくり1-2m下がると、親指を上に上げて(浮上したい時のサイン)お姉さんと一緒に上昇しています。これの繰り返し。風呂場やプールで上手くできたと喜んでいただけに、可愛そうになりました。色々なものを付けて潜っているので、感覚やコツが鈍っているのだと。

そう思っていたらウミガメが泳ぎ始めました。
「あーーーーっ、娘が来ていないのに」と残念に思っていたら、なんと娘の方に向かって浮上し始めたのです。
130829a1.jpg

しかも、娘の前をくるくる旋回。
体にぶつかりそうなほど寄っていました。(ウミガメは触らない方がよい。一度驚かせると、どこかへ行ってしまい戻って来なくなる。)
130829a2.jpg

大成功です。そして、とても素敵な写真が撮れました。あとビデオも。
深いところまで潜れなかったけど、娘は大喜び。船上で、興奮しながら当時の状況を話してくれました。「潜られへんと思とったらな、ウミガメがな、〇〇のところまで上がってきてん。ほんでな、くるくる回ってん。」そして、後日に予約してある別の体験ダイビングでは「絶対に耳抜きを成功させる」と。

体験ダイビングが終わったら、終了時間まで海でお遊び。
港に帰る途中はおしゃべりタイム。船長さんやインストラクターの方々といろんなお話をしました。
娘のために力を尽くしてくれたお姉さんにも感謝。

〇水中での撮影について
・コンパクトデジカメを防水ケースに入れるだけ。
専用カメラもしくは本格的な防水ケースだと操作は楽ですが、安価なソフトケースでも十分です。但し、後者の場合は袋の上から操作することになるので、事前に練習しておく方が良いと思います。例えば、ダイヤル式で撮影モードを変える時、袋の外からダイヤルを回すことはできませんが、微妙な角度で斜め押しすれば回したように変わっていきます。これを練習しておけば、写真とビデオが自由に撮れます。

・水深が深くなると水圧でソフトケースがペチャンコに
こうなると操作ができなくなります。ビデオ撮影しながら潜っていたら、いつの間にかペチャンコ。撮影ボタンがケースに押されて、知らない間にオフになっていました。撮影ボタンが操作できるようにソフトケースを引っ張っていましたが、破れると大変だし水圧が強すぎて引っ張るのも難しい。こんな時は、水深の浅いところから撮影ボタンを押したまま深いところへいくと、オフにならず撮影できます。但し、深いところでオフにすることができません。
水深が深くなると操作できなくなりますから、オンオフを決めて潜りましょう。もちろん、本格的な防水ケースがあればこれらの問題は全て解決します。

・水中撮影は難しい
自分の体が波で揺れ、写す物も揺れているのでピンボケ多発です。動かぬ珊瑚を写す時や、何かにつかまって体が動かないようにしているつもりでも、必ず揺れている中で撮影することになります。本格的な装備を付ければある程度は上手く撮れますが、簡単な装備だったり慣れてない私のような人が撮る場合はピンボケ覚悟で沢山撮ること。10枚撮影したら2-3枚は良い写真があるはずです。

2、パイナップルハウス
体験ダイビングは半日なので、お昼からパイナップルハウスへ行きました。
この施設は、パイナップルが食べ放題。

本当は名護にあるナゴパイナップルパークへ行きたかったのですが、何をどのように変えても都合がつかなかったので、支店になるパイナップルハウスにしました。違いは、名護の方が施設は大きく、また「パイナップルをイメージした車」にも乗れます。この車がとても可愛いので、娘を乗せてあげたかったのですが・・・諦めました。

到着
130829a3_20130829184635e4e.jpg

昼食は2Fにあるレストランで

〇あぐー豚の生姜焼き丼
幻の豚と言われるアグー豚が使われているようです。
130829a6.jpg

あぐー豚とは
小型の黒豚。旨味が多く、コレステロールが4分の1。成長するのが遅いので(生産性が悪い)、飼育する人が少なくなり今では幻と言われるほどになっている。

幻やブランド・・・そう言われると、どうしても頭をよぎるのが「偽装」。
誤解されないよう始めに書いておくと、豚肉の味が強く「これが、あぐー豚か」と教えてもらうことになりました。それに、沖縄で食品偽装があったというニュースは見たことありません。

食品偽装のニュースが相次ぐ中、高値の付くブランド名などはあまり信用しなくなりました。私は、食べて判断するようにしています。一言でいえば、本物は食材の味や香りが濃い(強い)。

失礼ながら、そんな疑りの気持ちで頼んだ「あぐー豚の生姜焼き丼」

あぐー豚を食べた瞬間、味の濃さに驚きました。
生姜焼きは豚肉の味を引き出す調理法ですが、普通の味(普通の豚)を引っ張り出すのと、強い味(あぐー豚)を引っ張り出すのでは全く別。豚肉がこれほど美味しいものかと思えるほど、豚の味が強い。普通に食べている豚肉の生姜焼きをイメージしていたら、ビックリすると思います。

こんなに美味しい豚肉を食べたら、普通の豚でレシピ作りはできないなぁと少し失望。でも、そこは割り切るしかありません。

〇ソーキそば
味は普通でした。というよりも「あぐー豚のことで頭がいっぱい、あぐー豚で味覚も一色」となり、そばの味が分からなくなっていたのかもしれません。
130829a7.jpg

唐辛子が何かに浸かって出てきました。そばの左奥に写っている調味料です。
泡盛の中に唐辛子が浸かっているもので、沖縄では有名な調味料みたい。そばを半分食べた後に少し入れてみましたが、初めて感じる調味料なので良さが分からず。でも、多くの方が利用しているので、慣れると美味しく感じるはず。辛いので入れ過ぎは禁物。

〇ビッグパイナップルパフェ
130829a5a.jpg

文字通り、ビッグです。驚きます。

〇パイナップルの食べ放題
いくつかあるテーブルの上に、1口サイズのパイナップルが山盛り。
あと、パイナップルジュースもいただきました。
130829a4a.jpg

3、国際通り
観光客向けの店が多く並んでいます。とても有名なところ。夕食までの間、国際通りを散策。
事前にホテルへ問い合わせたところ「国際通り周辺の道は混雑するし、駐車場も割高なのでタクシーで行った方が安いですよ」と教えていただきました。モノレール(ゆいレール)を利用しても良いですが、人数分の運賃を考えるとタクシーを利用した方が安い。あと、楽だし時間短縮になる。

コーヒーとジュースで一服
130829a9.jpg

小さなゴミを持っていたので、「これほかしてもらえますか」と店員さんに伝えるとキョトン。すかさず嫁さんが「それ、大阪だけで通じる言葉やで。「捨ててもらえますかって言わな」と。そうそう、気を付けないと。どこへ行っても大阪弁丸出しでしゃべり続ける癖は直さないと。無理かな。

4、おみやげ
「御菓子御殿」で、まとめ買い。
沖縄のお土産として有名なものは全部揃っているように思えました。
130829a10.jpg

御菓子御殿は、どれだけ買っても1ヶ所につき送料1000円。
本当にどれだけ買っても1000円なのかな?ダマシは無いのかな?
「箱代は?」と尋ねる私。「全部込みですよ」と店員さん。
騙された経験があるとね・・・疑り深くなります。ごめんなさい店員さん。

ここは沖縄ですから配送してもらわないといけません。いろいろなところで買っていたら送料だけでも高くなる。ここで沢山買い、あとは先々でスーツケースの空間と相談しながら買い足すつもり。

娘もお土産を物色中
誰に何をあげるか・・・メモを片手に選んでいます。
130829a8a.jpg

お友達のパパママに気遣いさせるといけないので、1個200円位までのものを1人2個までというルール。家にいる間、書いては消し・・・書いては消し・・・まだ見えぬ商品をイメージしながら、毎日のように書き直していました。こんな時って嬉しいものですよね。
沢山あるお土産に迷いが出たようで、私達のお土産選びよりも時間をかけていました。

お土産を買ったら、今日の夕食へ向かいます。
沖縄旅行2日目(前半)おしまい。後半へ続く。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)
関連記事

沖縄旅行2日目(後半)

沖縄旅行1日目(後半)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。