140904v1.jpg   131216u1d.jpg

サツマイモのマウンテンサラダ 
(薩摩芋、さつまいも)
141031c1.jpg

サツマイモで作ったサラダをドーンと盛り付け、大きなお山にしました。
ダイナミックな盛り付けが食をそそります。

★★★レシピ★★★
1、材料
141030g2.jpg

4人分
・サツマイモ 2本 1本200g
・玉葱1/2個 
・胡瓜(きゅうり、キュウリ) 1本
・クコの実 15g
・マヨネーズ 100g

2、下ごしらえ
141031c2.jpg

・胡瓜はスライスした後、塩水(1%の塩を加えた水)に浸ける。
・玉葱はスライスした後、水揉みしてアク抜き。
・クコの実はぬるま湯で戻す。

3、サツマイモをレンジにかける
レシピ「サツマイモを電子レンジで美味しくする方法

その後、皮を剥いて潰し冷ます。
熱くて剥きにくい時は、包丁で(皮を)まな板に押しつけながら転がすと簡単。
141031c3.jpg

4、混ぜる
冷めたサツマイモ、絞って水切りした胡瓜と玉葱とクコの実、マヨネーズ(100g)を混ぜ合わせれば出来上がり。
141031c4.jpg

141031c6.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
スポンサーサイト

豚肉とちくわの煮物 
(竹輪)
141031e1.jpg

こちらのカテゴリは「スピード料理・超簡単料理」になります。
詳しい説明は「はじめに」をご覧下さいませ。

おでんに欠かせない竹輪。
そんな印象もあってか、肌寒くなると「煮汁をたっぷり含んだ竹輪」が食べたくなります。
添えるのは、彩り良くて辛くない「甘とうがらし」です。

★★★レシピ★★★
1、材料
141031e2.jpg

3-4人分
・豚肉こま切れ 200g
・ちくわ 4本
・甘とうがらし(唐辛子) 8本

2、下ごしらえ
141031e3.jpg

・竹輪は斜めに半切り。
・甘とうがらしは根元を切り取り、中の種と筋を取り出します。私は、先の尖った皮むき器を差し込み、くるっと一周させて取り除いています。難しければ縦半分にして。

3、煮ながら炒める
竹輪は、長く煮込めば煮汁を含むので早く煮始めます。ル・クルーゼのココットロンドに、だし(1リットル)、砂糖(100cc)、濃口醤油(100cc)を入れて強火にかけ、沸いたら竹輪を入れて弱火にします。

竹輪を煮ながら、油(大さじ1)で豚肉を中火で炒めます。軽く塩胡椒して味付け。
141031e4.jpg

全体に焼き色が付いたら、煮汁の中へ。
蓋をして、少し沸く火加減で15分煮ます。蓋をすることで圧がかかり、早く味が染み込みます。
141031e5.jpg

4、甘唐辛子を加える
15分煮たら甘唐辛子を加えて弱火。そのまま2分煮込めば出来上がり。長く煮込むと綺麗な緑が飛ぶので(茶色くなるので)、さっと火を通す感じで。
141031e6.jpg

141031e7_201410311449048da.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

ゴボウとピーマンのシーチキンマヨネーズサラダ 
(ごぼう、牛蒡)
141029e5.jpg

定番の「シーチキンマヨネーズ」を使ったサラダです。
彩に「クコの実」を使いました。

★★★レシピ★★★
1、材料
141029e2.jpg

4人分
・ゴボウ 100g
・ピーマン 250g
・シーチキン 2缶で140g
・クコの実 15g
・マヨネーズ 50g

2、下ごしらえ
141029e3.jpg

・ゴボウはささがきにした後、水にさらす。ささがきごぼうの作り方
・ピーマンは半分にして中の種を取った後、厚めの千切り。
・クコの実はぬるま湯で戻す。
・シーチキン(140g)とマヨネーズ(50g)を混ぜ合わせる。

3、塩湯がきした後に混ぜる
ゴボウとピーマンを塩湯がきします。野菜の湯がき方
全ての水気を切った後、シーチキンマヨネーズと混ぜ合わす。
141029e4.jpg

141029e6.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

鶏肉と小松菜のインド風炒め 
141030b1.jpg

「インド式野菜炒め」というスパイスを買ってみました。
既製品は研究されているので失敗することが少ないです。

炒めて振り掛けるだけという簡単なお料理。でも、確かにインド風で美味しくいただきました。

★★★レシピ★★★
1、材料
141030b2.jpg

2人分
・鶏もも肉 1枚
・小松菜(コマツナ) 200g
・玉葱 1/2個
・赤ピーマン 2個
・スパイス「インド風野菜炒め」指定量

2、下ごしらえ
141030b3.jpg

・もも肉はぶつ切りにした後、塩を振って下味をつけておく。
・小松菜は茎と葉に分け、大きいものは2-3等分にします。
・玉葱はスライス。
・ピーマンは中の種を取り除いて厚めの千切り。

3、炒める
鶏もも肉を(皮を下にして)中火で炒めます。
半分火が通ったら、玉葱、小松菜の茎、赤ピーマンを加えます。この時、鶏肉が野菜の上に乗ると火が通らないので、鶏肉はフライパンの底へついているようにします。
141030b4.jpg

4、スパイスを入れる
火が通ったらスパイスを指定量入れて、全体を良く混ぜる。とってもいい香りがしてきます。141030b5.jpg

混ざったら小松菜の葉を入れ、軽く火を通したら出来上がり。葉を炒め過ぎるとフニャフニャになるので、軽く火を通すぐらいで。
141030b6.jpg

141030b7.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)



家庭料理 ブログランキングへ

サツマイモを電子レンジで美味しくする方法 

主成分デンプンが麦芽糖に変わる温度は65度から75度の間。但し、この温度帯を維持して10分ほど経つと、麦芽糖へ変わる量の限界に達します。普通に電子レンジで加熱し続けると、この温度帯にいる時間は約1分しかありません。これだと甘くなる前に仕上がってしまうのです。

これを踏まえ3ステップで即仕上げます。
1、中心温度を一気に65度まで持っていく。
2、10分維持
3、一気に仕上げる。
電子レンジならではの方法で、僅か15分で美味しいサツマイモの出来上がり。

〇1本200gのサツマイモで作る場合
1、ラップをして1000wで1分-1分30秒。 
サツマイモの表面を触り、全体が少し熱くなっていればOK。人肌程度なら30秒追加します。この時、サツマイモの中心温度は約65度。
141030gh1.jpg
141030h4.jpg

2、この温度を10分保つ為、100wで10分
10分経ったサツマイモの中心温度は約75度。
141030h2.jpg
141030h3.jpg

ここで麦芽糖は限界に達しているはず。甘味を最大限引っ張り出したのです。

3、一気に仕上げる
後は一気に仕上げましょう。
1000wで3-4分。表面が触れないほど熱くなっていれば、とっても美味しいサツマイモの出来上がり。

〇1本400gのサツマイモで作る場合
1、同じくラップをして、1000wで2分-3分。
2、100wで10分。
3、1000wで5分-6分。

ラップをすれば水分が逃げないので、しっとりと仕上がります。
ラップをしなければ水分が逃げるので、ホクホクと仕上がります。
この辺りは好みですね。

あと、美味しくないサツマイモは美味しくならないので、少々割高でも美味しいサツマイモを買いましょう。ビックリするほど甘くなります。

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)



家庭料理 ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。