140904v1.jpg   131216u1d.jpg

キノコたっぷりのロースステーキ 
o0500075213083604564.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料
o0400026613083604561.jpg

2人分
・ロースステーキ 2枚
・マイタケ(まいたけ、舞茸) 80g
・シメジ(しめじ) 100g
・ブラウンマッシュルーム 4個
・ブロッコリー 60g
・バター 10g
・マルサラ酒 50cc
・赤ワイン 50cc
・ウスターソース 小さじ2

2、下ごしらえ
o0400026613083604563.jpg

・ロース肉に塩胡椒します。
・マイタケは1口サイズに切り分ける。
・シメジは適当にばらす。
・ブラウンマッシュルームは、縦半分。
・ブロッコリーは1口サイズに切り分ける。

3、焼く
o0400026613083604565.jpg

・ブロッコリーは塩湯がきします。野菜の湯がき方
・サラダ油(大さじ1)で、キノコ類を中火の弱火で炒めます。
最後にソースと絡めるので、少し色付いたところで取り出します。

取り出した後、ロースステーキを中火で炒めます。
o0400026613083604562.jpg

両面焼けたら、器に移す。

4、ソースを作る
ステーキを焼いたフライパンへ、マルサラ酒(50cc)、赤ワイン(50cc)、ウスターソース(小さじ2)を入れて沸かします。半量まで煮詰まったら火を止め、バター(10g)を入れる。
o0400026613083604925.jpg

バターが溶けたら、キノコ類を入れてソースと絡めます。
それをステーキの上からかければ出来上がり。
o0400026613083604927.jpg

o0400026613083604928.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
スポンサーサイト

お料理教室をやりました 

参加者は女性3名様。
私が自宅へ伺い、料理教室をすることになりました。

「パン作りを教えてもらえませんか」というメールから始まった今回の料理教室。
私は正直に「パン作りはホームベーカリーを使い、ごく簡単にアレンジしているだけですから教えるほどではありませんよ」と伝えましたが「それでもいいから教えてほしい」と。依頼は嬉しいのですが「ブログに書いてある物しか作れないので、教えるほどではありませんよ」そう付け加えると「読むのとやるのでは違うから」と仰られるので「それならやりましょうか」という流れに。

パンを中心にランチを兼ねた料理教室
皆さん、少しずつ何かを持ち寄ってくれるそうで、とても楽しみでした。

10時に集合なので、10時15分ごろからスタートになると予想。
10時15分にホームベーカリーで生地作りを開始すれば、13時までには食べられるはず。持ち寄りの食事もあるので、それを先にいただいていれば焼き立てのパンが食べれます。あと、一次発酵まで1時間あるので、その間にシュークリームを作ろうと思いました。パンは無花果パンで。そのように伝えると、喜んでもらえました。

皆さんに渡すレシピと、持ち物リストを作成
前日に調理器具、当日の朝に食材を詰めて準備完了。
あと、お庭に咲いているバラをプレゼントにしました。

当日の朝
愛車 Mercedes-Benz E-350 AMG (メルセデス ベンツ)で出発です。
セダンですが、トランクが広いので調理器具を入れても余裕。その奥にクーラーボックスを入れています。
140930a11.jpg

140930a12.jpg

140930a14.jpg

10時に到着
他2名様も同じ頃に到着。

花で飾ってある素敵なウェルカムボードが迎えてくれました。
(ここからの写真は、個人宅なのでボカシを入れました)
140930a4.jpg

予定通り、一次発酵を済ませている間にシュークリーム作り。
140930a6.jpg

シュー生地が焼きあがった頃、一次発酵完了。
140930a9.jpg
シュー生地はブンブンに膨らんでいます。
その後は無花果パンの生地を形成して、ベンチタイムという流れ。オーブンがフル稼働です。

ベンチタイムが終われば、ドライ無花果を生地に巻き込んでいきます。
140930a7.jpg

私が持参したバラも、綺麗な生け花に。
お見せできず残念ですが、個人宅なのでお許しを。
140930a10.jpg

無事に全て終了。
お食事前に記念撮影。
「先生は真ん中に」と仰られたので「先生はやめて下さい」と丁寧にお伝えしました(^^)
先生と呼ばれるのは10年、いや20年早いですね。
140930a8.jpg

140930a16.jpg

お料理教室の支払いとなり、私が150円と言えば驚かれました。
そもそも、お料理教室といっても利益を得るつもりはありません。原価を単純に人数で割れば、お一人様150円くらいでしょうか。「受っ取って」「いりません」の押し問答が繰り返され、結局500円で落ち着くことに(^^)

いっぱいおしゃべりして、楽しい時間を過ごさせていただきました。
皆さんから「またお願いしてもいいですか」というありがたい言葉を頂戴して、お料理教室が終了。
10時から始まって、午後4時に解散しました。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

ケチャップライスのチキングリル 
140926a1.jpg

こちらのカテゴリは「スピード料理・超簡単料理」になります。
詳しい説明は「はじめに」をご覧下さいませ。

★★★レシピ★★★
1、材料
140926a2.jpg

2人分
・鶏もも肉 1枚
・玉葱 1/2個
・人参 30g
・パルメザンチーズ 適量
・ごはん お茶碗大盛り2杯分
・ケチャップ 大さじ4

・さくらカイワレ 少々
こちらは、彩が目的なので使わなくても可

2、下ごしらえ
140926a3.jpg

・鶏もも肉は筋切りしてから、軽く塩を振りかけておく。
鶏肉の筋切り
・玉葱はみじん切り。玉葱のみじん切り
・人参もみじん切り。

3、炒める
鶏肉の皮面を中火で焼きます。
鶏肉の脂で焼きますから、サラダ油は必要無し。
同時に、玉葱と人参のみじん切りも炒めます。
140926a4.jpg

鶏肉は、皮面8分、裏返して7分程度焼きます。但し、厚みによって火の通り具合が違いますから、最後に少し切り火が通っていることを確認して下さい。
玉葱と人参は、これくらいになるまで炒める。
140926a5.jpg

4、ご飯と混ぜる
・ごはん、炒めた玉葱、人参、ケチャップ(大さじ4)を混ぜる。
・鶏肉は斜めにスライス。
140926a6.jpg

ケチャップライスの上にチキングリル、最後にさくらカイワレを乗せます。
仕上げにパルメザンチーズを振りかければ出来上がり。
140926a7.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

ホウレン草とフォーのナンプラー酢醤油和え 
(ほうれん草、法蓮草、魚醤)
140926b1.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料
140926b2.jpg

2-3人分
・フォー(細め) 60g
・ホウレン草 150g
・レッドオニオン 1/2個
・ナンプラー(魚醤)酢醤油 紹介している分量を使います

2、下ごしらえ
140926b3.jpg

・フォーは5分茹でて戻します。(袋に書いてある通り戻します)
・ホウレン草は、茎と葉に分けます。長い茎は3cm程度の長さにして、大きな葉は2-3等分にします。
・レッドオニオンはスライスした後、水揉みしてアク抜き。

3、混ぜる
140926b4.jpg

・フォーは水分を多く含むので、タオルなどで包み押さえて水分を抜きます。
・塩湯がきしたホウレン草は、握って水切り。
・レッドオニオンも握って水切り。
ここへ、ナンプラー酢醤油を入れて混ぜれば出来上がり。

140926b5.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

ナンプラー(魚醤)酢醤油 
140926c2.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料
140926c1.jpg

・ナンプラー 50cc
・濃口醤油 小さじ1
・砂糖 大さじ1
・蜂蜜(はちみつ、ハチミツ) 大さじ1
・穀物酢 大さじ1
これを混ぜ合わせれば出来上がり。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。