140904v1.jpg   131216u1d.jpg

そうめんかぼちゃの酢の物 
120928a1.jpg

娘「えっ、これかぼちゃなん」
始めて見るかぼちゃに驚きながら食べていました。

1、材料
120928a2.jpg

3-4人分
・そうめんかぼちゃ 270g
・胡瓜(きゅうり、キュウリ) 1本
・ラディッシュ 2個
土佐酢 適量

2、下ごしらえ
120928a3.jpg

120928a4.jpg

・そうめんかぼちゃは種を取り、30分茹でる。その後、冷水の中でほぐす。
・胡瓜は「胡瓜もみ」の要領で下味をつけます。
・ラディッシュはスライス。

3、混ぜる
胡瓜とそうめんかぼちゃは水気を切る。
胡瓜は絞り、そうめんかぼちゃはタオルに広げて拭くか、水切り器に入れる。

その後、土佐酢と混ぜ合わせれば出来上がり。
120928a5.jpg

120928a6.jpg


2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング

レシピブログランキング
スポンサーサイト

ゴボウとアボカドのパスタ マーマレードソース 
(ごぼう、牛蒡)
120927a1.jpg

甘さを少し感じるソースは娘が大好き。
牛蒡のささがきを普通に炊いても娘の箸は進みませんが、このお料理だとパクパク食べます。

「うちの子は・・・を食べなくて」
というお話を良く聞きますが、「少し甘めの味付けで調理法を考えてみる」というのは一つの打開策につながるかもしれません。私は離乳食の頃から食べさせていますが、嫌う食材もありました。そんな時、「子供は甘いものが好き」という単純な発想からハチミツを少し加えてみると・・・パクパク。もちろん、そんな味付けばかりでは糖分の取り過ぎになるため良くありませんが、たまにやってみる価値はあると思います。

(注)
乳幼児(1歳未満)のお子様にはハチミツを食べさせないようにして下さい。
ボツリヌス菌が含まれているかもしれないので、抵抗力の弱い乳幼児に与えるのは良くありません。

1歳を過ぎて離乳食が食べられるようになる頃だと大丈夫です。
但し、成長にもよるので安全を取るなら2歳くらいまで待った方が良いかも。

1、材料
120927a2.jpg

2人分
・ゴボウ 30g
・アボカド 1個
・レッドオニオン 1/4個
・さくら貝割れ 20g
・マーマレード 大さじ2
オリーブオイルドレッシング 大さじ4
・パスタ 2人分

フレンチドレッシングが写っていますけど間違いです。

2、下ごしらえ
120927a3.jpg

・ゴボウはささがきにした後、湯がき冷ましてから絞って水切り。
ささがきごぼうの作り方
・アボカドは種を取って皮を剥いた後、小さく切り揃える。
アボカドの種を取る

・レッドオニオンは薄くスライスした後、水揉み。アクを抜いたら絞って水切り。

・マーマレードソースを作る
オリーブオイルドレッシング(大さじ4)、マーマレード(大さじ2)を混ぜ合わせる。

3、茹でたパスタと混ぜれば出来上がり
パスタの茹で方
冷製なので、パスタを冷水でしめてから水切り。野菜用の水切り器を使うと簡単。その後、全ての材料とマーマレードソースを混ぜ合わせます。
120927a4.jpg

120927a5.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング

レシピブログランキング

プリン 
120926a1.jpg

キャンプでプリンを作りました。
このプリンも私が指導、娘が作っています。

炭が多すぎて(ダッチオーブンの中が熱くなり過ぎて)、「す」が入っていますけどご愛嬌。

自分で作ると美味しさ倍増したのか、「おいしいなぁ~」を連発していました。最後の1個はいつも通り取り合いに。そして、いつも通り半分ずついただきました。

1、材料
120926a2.jpg

直径5cmの丸型 8個分

・卵 3個
・グラニュー糖 大さじ3
・牛乳 300cc
・バニラエッセンス 10滴
・バター 少々

カラメル
・水 50cc
・グラニュー糖 50g

2、下ごしらえ
120926a3.jpg

少し温めた牛乳(300cc)にグラニュー糖(大さじ3)を溶かします。
それを溶き卵(3個)、バニラエッセンス(10滴)と混ぜ合わせる。
ビーターを使っていますが、泡立てないように注意する。

最後に漉す。キャンプに漉し器まで持っていけないので、ザルでやりました。

3、カラメルを作る
120926a4.jpg

水(50cc)、グラニュー糖(50g)を火にかける。
飴色になったら熱湯(大さじ1)を加え混ぜ、これ以上の加熱(焦げ)を防ぐ。

バターを薄く塗ったカップにカラメルを入れる。
バターは底だけではなく側面にも塗っておく。
120926a5.jpg

4、ダッチオーブンで蒸し焼きにする
プリンカップの8分目までぬるま湯を入れます。
120926a6.jpg

蓋をしたら、炭の配置です。
ダッチオーブンの下に2個、横の隙間(オーブンを置いている台との隙間)に各1個、上に3-5本。
今回は炭が半分しか「いこっていない」ものを含めているので7本使いましたが、これが「す」の原因になってしまいました。
120926a7.jpg

およそ20分経てば出来上がり。
カップの縁についているプリンを少し押すと、カップから外れます。
ぐるり一周外れたら、逆さまにしてポンと叩けば器に落ちてきます。
120926a8.jpg

火加減が強すぎて「す」が入ってしまいました。
弱めでゆっくり温めないと。

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング

レシピブログランキング

食パンミックスで作る簡単パン作り 
120924a1.jpg

キャンプ料理の続きです。
日清製粉が出している食パンミックスを使ってパン作り。

1、材料
直径8cm前後のパンが6個できる分量です。
・食パンミックス 300g
・ドライイースト 6g
・水またはぬるま湯 180cc

2、発酵させる(1次発酵)
同時に、ダッチオーブンに温度計を忍ばせ、28度にしておく。
ダッチオーブンを28度にする方法
ダッチオーブンの中に温度計を忍ばせて蓋をします。その後、蓋に炭を2個ほど乗せておく。火にかけると熱くなりすぎるのでダメ。途中で何度か蓋を空けて確認しながら28度を維持します。温度が高ければ炭を外し、低ければ足す。

食パンミックスとドライイーストを混ぜた後、水を加えてよくこねる。15分から20分。(寒いときはぬるま湯で)
本当はキッチンの台に叩きつけながらこねますが、キャンプ場で早朝からやると迷惑になるため止める。

(叩きつけてこねると)生地をつまんで伸ばすと薄い膜になります。
でも、今回はやっていないので、少し伸びたところでプチプチプチッと切れていきます。
これが仕上がりに影響するのですが、仕方ありません。(ふわぁ~とせず、ほんの少し硬くなります)

生地をボールに入れ、28度に温めたダッチオーブンの中へ。
生地が乾燥しないようにラップをかけますが、温度計を忍ばせるためラップを少し垂らします。
そして蓋。温度を確認しながら1時間寝かせます。温度が下がってきたら炭を少し乗せ、温まったら取り除く。
写真は30分経った頃。生地が2倍近く膨らんでいます。
120924a2.jpg

1時間たった頃。生地が2.5倍くらい膨らんでいます。
120924a3.jpg

3、発酵させる(2次発酵)
生地を取り出し、6等分します。
同時にダッチオーブンの中を30度になるよう調整します。ダッチオーブンの温め方は上記参照。

その後、生地の表面から下に押しやるようにしながら丸めていきます。(表面がツルツルで、後ろ側が絞ったようになります)
ダッチオーブンにキッチンペーパーを敷き、その上に丸めた生地を乗せます。
120924a4.jpg

1次発酵と同じように、ラップをかけて温度計を乗せる。
次は、中の温度を30度に保ちながら40分寝かせます。
120924a5.jpg

40分経った頃。およそ2倍に膨らんでいます。
120924a7.jpg

4、焼く
200度の中で12分焼く。200度は感覚が頼りです。

ダッチオーブンが2個あれば片方を200度にしておけるのですが、1個しかないので蓋の上に炭を沢山乗せて一気に温度を上げます。
120924a6.jpg

今回は温度が少し低かったようで、12分経っても焼き色が付いていません。でも、焼き色を付けるために長く入れるとカチカチになるので取り出しました。
120924a8.jpg

ふわぁ~とならず、少し硬めでしたが十分美味しくいただけました。

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング

レシピブログランキング

スペアリブのビール煮 
120924b1.jpg

週末はキャンプへ行ってきました。
日中は少し暑いですが、朝晩は寒いほど。虫はほとんどいないし過ごし易いキャンプでした。

我が家は今からキャンプシーズン。
暑くない、物が腐らない、虫がいない・・・今からは良いことが沢山あるんです。

このお料理を作ったのは娘です。
私が指示を出しながら手際良く進めてくれました。
焚火台で炭をいこし、その上にダッチオーブンを置いて料理します。

1、材料
120924b2.jpg

4人分
・スペアリブ 500g
・ビール 1缶(今回は発泡酒)
・玉葱 1個
・人参 1本
・セロリ 50g
・バルサミコ酢 適量
・ブーケガルニ 1袋
・パセリ 少々
・バター 40g
・ニンニク 2かけ

2、下ごしらえ
120924b3.jpg

・スペアリブに塩胡椒する。
・玉葱はざく切り。
・人参は1cm厚の輪切り。
・セロリはぶつ切り。
・パセリはみじん切り。
・ニンニクはスライス。

3、炒めてから煮る
ダッチオーブンで料理する時、「吊るしたものが上下できる三脚」を使うと便利です。
オーブン料理は炭を上下横に配置するので、少し多めになりがち。それをダッチオーブンの下に置いていると大変熱くなるので(超強火)、食材がすぐに焦げてしまいます。でも、上記した三脚があると火加減の調整は簡単。

三脚を使わない場合、炭を別のコンロに置いておくか炭のいこり具合で調整します。後者の場合、同じ10本でも半分いこっている状態なら強烈に熱くなりません。
120924b4.jpg

バター(40g)でニンニクスライスを炒めます。バターが焦げないように弱火で。
ニンニクをしっかりと炒めたら、スペアリブを入れて中火にする。
スペアリブの半分に焼き色がついたら、玉葱、人参、セロリを加えて炒めます。
120924b5.jpg

4、ビールを加えて煮る
野菜に少し焼き色が付いたらビール(1缶)ブーケガルニ(1袋)、塩(2つまみ)、胡椒(少々)を加えます。
120924b6.jpg

その後、蓋。
ここから煮込んでいきますが、炭の配置を変えます。
ダッチオーブンの下に炭を2-3個、横の隙間(焚火台とオーブンの隙間4ヶ所)に1個ずつ計4個、上に5-7個置きます。(余談)下の写真は突然暗くなっていますが、カメラ設定の違いでこのようになりました。
120924b7.jpg

蓋の隙間から少し蒸気が出る状態で1時間煮込めば出来上がり。
120924b8.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング

レシピブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。