140904v1.jpg   131216u1d.jpg

ちゃんぽん
111031a1.jpg

ちゃんぽんのスープを取るのは大変です。まず、豚骨から取る時点で難しい。
でも、食べたくなったら・・・既製品を使います。
麺は少し煮る為、こちらも「ちゃんぽん用の麺」が最適です。

1、材料
111031a2.jpg

2人前
・豚切り落とし 200g
・人参 30g
・キャベツ 50g
・玉葱 1/4個
・竹輪(ちくわ) 1本
・木耳 3g
・うずら卵(茹で卵にしたもの) 6個
・ちゃんぽん用の麺 2人前
・ちゃんぽん用の粉末スープ 2人前

2、下ごしらえ
111031a3.jpg

・豚肉は適当な大きさに切り揃える。
・人参は長さ4cmの拍子切り。
・キャベツは一口サイズに切り揃える。
・玉葱はスライス。
・木耳はぬるま湯で戻した後、2mm程度の千切りにする。
・竹輪は斜めにスライス。

3、炒めながら麺を茹でる
スープで麺を2分ほど煮る為、スープが出来上がる頃に麺も(あと2分で)茹であがるようにします。
炒めながら麺を茹でる同時進行です。

油(大さじ2)で豚肉を炒める。切り落としはダマになるので、弱火でゆっくり火を通しながら広げる。八分通り火が通ったら玉葱、人参を炒める。ここから強火。

玉葱と人参をしっかりと炒めたら、うずら卵以外の野菜を全て入れる。
111031a4.jpg

4、スープと具材の旨味を馴染ませる
指定されている水の量より少し多めの水に粉末スープを溶かし(指定されている水の量は煮込む時の蒸発分が含まれていない為)、その中へ炒めた豚肉と野菜を入れて2分弱火で煮る。
ここでスープと具材の旨味を馴染ませます。
111031a5.jpg

4、麺にに旨味を含ませれば出来上がり
茹でている麺は指定時間の2分前に取り出し、今度はスープの中に入れて2分弱火で煮ます。
ここで麺に旨味を含ませます。
111031a6.jpg

出来上がり
111031a7.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング
レシピブログランキング

ちりめんじゃこと鮭フレークのサラダ
111031z1.jpg

1、材料
111031z2.jpg

2人前
・ベビーリーフ 30g
・ちりめんじゃこ 15g
・鮭フレーク(市販品使用) 20g
・貝割れ大根(かいわれ) 少々
・ラディッシュ 1個
・お好みのドレッシング

2、盛り込むだけ
下ごしらえは、野菜を洗うのとラデッシュをスライスするだけ。
111031z3.jpg

後は、お好みのドレッシングをかけていただきます。

応援(1日1回クリック)してね。
「家庭料理ブログランキング」と「レシピブログランキング」に参加しています。
人気ブログランキングへ 
皆様からのクリック数で順位が決まります

海老と野菜の蒸し物
111031w1.jpg

大きい海老なら何でもOK。
タジン鍋で蒸しますから、大きい海老の方が見栄えします。

1、材料
111031w2.jpg

2人前
・赤海老の大きいもの 2尾
・白菜 100g
・しめじ 40g
・アスパラ 2本

2、下ごしらえ
111031w3.jpg
・海老は殻を付けたまま背ワタを取ります。海老の下処理 方法2 を参照下さい。
・白菜は一口サイズに切り揃えます。
・しめじはほぐす。
・アスパラは4cmの長さに切り揃える。

これをタジン鍋に盛り込みます。

3、蒸す
全体に酒(大さじ2)、塩(2つまみ)を振ってから蒸します。
酒が沸いてきたら、ごく弱火にして10分。外に蒸気が出ないようにする。
111031w4.jpg

4、蒸しあがれば出来上がり
111031w5.jpg

応援(1日1回クリック)してね。
「家庭料理ブログランキング」と「レシピブログランキング」に参加しています。
人気ブログランキングへ 
皆様からのクリック数で順位が決まります

鶏肉のパン粉焼き ぶどうソース
111028q1.jpg

娘はフルーツ系ソースが大好き。
「今日のごはんは、なーに」
と話かけてきたので
「焼いた鶏肉にぶどうソースをかけた料理だよ」
そう言うと大喜びしました。

フルーツ系ソースを使うと、鶏肉1枚ぺロリと食べてしまいます。
今日紹介する料理も2人前としていますが、娘が一人で全部食べてしまいました。
見ていて気持ちが良くなるほど豪快な食べっぷりです。

1、材料
111028q2.jpg

2人前
・鶏もも肉 200g
・メークイン 1個
・シャドークイーン(紫芋) 1個
・ぶどう 1房
・オクラ 1本
・パン粉 大さじ2
・パセリ 少々(刻んで大さじ1)
・卵 1個
・白ワイン 大さじ3
・バター 20g

2、下ごしらえ
111028q3.jpg
・メークインとシャドークイーンは皮を剥いて5mm厚の輪切りにする。
・オクラは縦半分にした後、種を取り除き塩茹でしておく。「青野菜の湯がき方
・パン粉(大さじ2)とパセリのみじん切り(大さじ1)を合わせておく。
・鶏もも肉の内側に包丁で切り込みを入れて、筋切りする。「鶏肉の筋切り
・卵は卵黄を取り出し混ぜておく。
・ぶどうは指で果肉を押し出す。
ボールの中で作業し、押し出す時に出るジュースも取っておく。
半分はミキサーでジュースにして、残り半分はそのままにしておく。量が少ないため、小さなミキサーかフードプロセッサーを利用します。

3、鶏もも肉と芋を炒める
鶏もも肉に塩を振り、小麦粉を薄く付ける。それからバター20gで焼きます。もも肉は厚みがあるので火加減は弱火と中火の間。皮面から少し時間をかけて焼きます。10分程度。

皮と身の間に脂を多く含んでいる為、皮面は焦げにくい。この特性を生かし、皮面から半分以上火を通します。
逆に、身の方は脂が少ない上に凹凸あるので焦げ易く火も通り難いのです。
111028q4.jpg

10分経てば裏返す。同時にメークイン、シャドークイーンを加えます。
今度は5分程度。芋は途中で一度裏返す。
5分経てば鶏肉は八分通り火が通り、芋は完全に火が通る。ここで取り出す。
フライパンは洗わずそのままにしておく。

4、鶏肉の仕上げと同時進行でソース作り
鶏肉の皮面に卵黄を塗り、そこへパン粉とパセリのみじん切りを混ぜたものを乗せます。
それをグリルに入れて3分焼きます。

グリルに入れたらソース作り。
鶏肉と芋を焼いたフライパンへ白ワイン(大さじ3)を入れて一煮立ちさせる。
鶏肉を焼いた時に出た濃厚なジューがフライパンにくっついているので、白ワインを入れるとその旨味が引き出されます。
一煮立ちしたら、ぶどうを加える。(ジュースにしたものと、皮を取っただけのものを両方入れる)
111028q7.jpg

1-2分、弱火で煮詰めればソースの出来上がり。
その頃には、グリルへ入れた鶏肉も良い感じに。
111028q8.jpg

5、盛り付けてソースを流し込めば出来上がり
111028q9.jpg

皮面のパリッとした食感を大切にする為、ぶどうソースは横から流し込んでいます。

応援(1日1回クリック)お願いします。
「家庭料理ブログランキング」と「レシピブログランキング」に参加しています。
人気ブログランキングへ 
皆様からのクリック数で順位が決まります

キノコのサラダ
111028w1.jpg

1、材料
111028w2.jpg

4人前
・エリンギ 50g
・マッシュルーム 30g
・椎茸 50g
・シメジ 50g
・フリルレタス 2種(合計100g)
・バター 20g

2、下ごしらえ
111028w3.jpg
・フリルレタスは適当な大きさにちぎり、水洗いしたあと水切り。
・エリンギは縦横半分ずつにする。
・椎茸はスライス。
・マッシュルームもスライス。
・シメジはばらす。

3、キノコをバターで炒める
バター20gでキノコを炒めます。火加減は中火。
塩胡椒で味付けします。
今回のサラダはドレッシングを使わず、フリルレタスをキノコに絡めて食べるので「ほんの少しだけ」塩胡椒を強めにしておきます。塩辛いと食べられなくなりますから、ほんの少しだけに留めます。
111028w4.jpg

キノコはバターを吸うのでフライパンに油が無くなります。
油が無くなれば「焦げるのではないか」と心配になりますけど大丈夫。
キノコに火が通ると中からバターを含んだ水分が染み出てきて、程良い感じで焼き上げることができます。

4、レタスの上に乗せれば出来上がり
111028w5.jpg

炒めたキノコにはバターと塩胡椒の味が付いているので、ドレッシングはかけません。
キノコとフリルレタスを絡めながらいただきます。

応援(1日1回クリック)お願いします。
「家庭料理ブログランキング」と「レシピブログランキング」に参加しています。
人気ブログランキングへ 
皆様からのクリック数で順位が決まります