140904v1.jpg   131216u1d.jpg

鶏肉とチンゲン菜のクリーム煮
(青梗菜)

1、材料
110729a7.jpg

3人分
・鶏もも肉 1枚
・チンゲン菜 1株
・シメジ 50g
・ブロッコリー 60g
・人参 40g
・鶏ガラスープ 100cc(市販品を溶かしたもの)
・牛乳 100cc
・生クリーム 100cc

2、下ごしらえ
110729a8.jpg

・鶏もも肉は一口サイズに切り揃える。
・シメジは軸を切り離してからばらす。
・ブロッコリーは一口サイズにする。
・人参は拍子切り。

110729a9.jpg

・チンゲン菜は軸と葉に分けておきます。幅のある軸は縦半分にする。

・クリームソースを作る。
鶏ガラスープ(100cc)、牛乳(100cc)、生クリーム(100cc)、塩少々を混ぜ合わせる。

3、順番に炒める
油はひかず、鶏肉から出る脂で炒めます。皮面から中火で炒める。
鶏肉に半分火が通れば人参を加える。
110729a11.jpg

4、クリームスープで煮込む
鶏肉と人参に八分通り火が入ったら、チンゲン菜の軸とシメジを入れる。
軽く炒めてからクリームスープを入れ、弱火で5分煮ます。
110729a12.jpg

5分経ったらブロッコリーを入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
水溶き片栗粉の作り方と入れ方

最後にチンゲン菜の葉を入れたら出来上がり。
110729a13.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング
レシピブログランキング
スポンサーサイト

黒胡麻使った黒うどん

イタリア人もビックリ。日本にも黒いパスタがあるんだよ。
黒いパスタといえばイカの墨を使ったイカスミスパゲティが有名ですよね。
一方、こちらは和製黒いパスタ。

1、材料
110729a3.jpg

1人分
・冷凍剥きイカ(いか 烏賊) 小さめ2枚
・冷凍剥きエビ(えび 海老) 5尾
・ヤングコーン 3本
・三度豆(インゲン) 3本
・黒胡麻ペースト 市販品 大さじ1
・うどん(乾麺) 1束

2、下ごしらえ
・イカは表と裏の薄皮を取り、縦に3等分。その後、海老と一緒に塩湯がき。
・海老は背ワタを取る。海老の下処理
下処理が終われば、烏賊と一緒に塩湯がき。野菜と同じ要領で湯がき、後は水に浸けずそのまま冷ます。
・三度豆とヤングコーンも塩湯がき。青野菜の湯がき方
その後、三度豆は2cmの長さに切り揃えます。
110729a4.jpg

・黒胡麻のタレを作る
黒胡麻ペースト(大さじ1)、だし(大さじ2)、濃口醤油(大さじ1.5)、味醂(大さじ1.5)、砂糖(大さじ1.5)を混ぜ合わせる。だしの取り方

3、茹でたうどんと黒胡麻のタレを混ぜる
混ぜてから器に移す。
110729a14.jpg

4、具材を乗せれば出来上がり
110729a6.jpg

温かく仕上げても冷たく仕上げても美味しいです。
温かく仕上げる時は、熱々うどんに黒胡麻のタレと合わせる。
冷たく仕上げる時は、茹でたうどんを氷水でしっかり冷やしてからタレと合わせる。

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング
レシピブログランキング

アジのとろろ
(鯵)

1、材料
110729a1.jpg

2人分
・アジ 片身
・絹さや(きぬさや キヌサヤ) 2枚
・ラディッシュ 1個
・長芋 適量

2、下ごしらえ
・アジは皮と骨を取り、小さく刻む。
・絹さやは筋を取って塩湯がきした後、種のある方から包丁で切り込みを入れて2枚に分ける。その後、種を取って千切りにする。
・ラディッシュはスライスしたあと千切り。針にします。
・長芋はおろします。

3、グラスに盛り込めば出来上がり
全ての食材をグラスに盛り込む。
110729a2.jpg

市販されている造り醤油、もしくは濃口醤油をかけていただきます。
お好みでワサビ(山葵、わさび)を溶かしてワサビ醤油にしても良し。

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング
レシピブログランキング

賀茂茄子素麺
(なす なすび ナス そうめん)

1、材料
110728a1.jpg

1人分
・賀茂茄子 1個
・プチトマト 2色 5個
・オクラ 1本
・素麺 1束
・めんつゆ(市販品) 100cc

2、下ごしらえ
上下を切り落としますが、写真のように果肉を基準に真っ直ぐ切り落とします。ガクの部分を基準に切り落とすと斜めになってしまいます。
110728a2.jpg
110728a3.jpg

包丁でくり抜きますが、ペティナイフなど細身の包丁だと簡単。
必ず包丁の先(突き抜ける方)を確認しながら進める。手前だけ見ていると刃先が全然違うところへ進みます。
110728a4.jpg
110728a5.jpg

中をくり抜いたら、皮剥き器で皮をトラ剥きにする。
順番は逆でも良い。(トラ剥きにしてから、くり抜く)

アクが強いので、切ったらすぐ水に浸ける。
くり抜いたら水に浸け、トラ剥きしたら水に浸けるという感じで。
写真を撮るのにもたついていたら、あっとう間にアクが出てしまいました。
110728a6.jpg

3、煮る
くり抜いたものを横半分にした後、四等分。
110728a25.jpg

その後、軽く素揚げ(そのまま揚げる)してから煮ます。
揚げる温度は180度。揚げ物のコツ

だし(250cc)、砂糖(大さじ1)の中で、少し沸く程度の火加減で5分煮ます。
その後、薄口醤油(大さじ1)、味醂(大さじ1)を加えて更に5分。だしの取り方
110728a8.jpg

5分経てば冷ます。

4、外側を揚げる
器になる外側を素揚げします。温度は180度。
くり抜いたところから油が出てきて上から外へ流れ出る為、茄子が完全に浸かる必要はありません。
110728a9.jpg

完全に火が通ったら、熱湯の中にくぐらせて油抜き。
とても柔らかくなっているので、扱いには注意する。
110728a10.jpg

熱湯をくぐらせたら冷水に浸け、冷めたら取り出して拭き取ります。
皮の紫色を大切にする為、素揚げと熱湯をくぐらせる時間は必要最低限に留めます。

4、素麺と野菜の下準備
・オクラは下処理しておく。オクラの下処理
・プチトマトは軸を切り落とす。
・素麺を湯がく。盛り付ける時に素麺の流れを作り易くする為、結んである帯を外さず片方に寄せてから湯がく。

5、順番に盛り付ける
揚げた賀茂茄子の中に炊いた果肉を入れ、上にプチトマトを乗せる。
周りにめんつゆ(100cc)と素麺を流し込んだら上にオクラ。
最後に賀茂茄子のガクを乗せれば出来上がり。
110728a11.jpg
110728a12.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング
レシピブログランキング

賀茂茄子の2色田楽
(なす なすび ナス)

1、材料
110728a19.jpg

2人分
・賀茂茄子 1個
・白味噌 大さじ1
・田楽味噌(市販品) 大さじ1
・炒り胡麻 小さじ半

2、下ごしらえ
・賀茂茄子は上下を切り落とした後、横に四等分。その後、水に浸けてアク抜きした後、取り出して拭き取る。
110728a20.jpg

・白味噌田楽を作ります。
白味噌(大さじ1)、味醂(大さじ半)、砂糖(小さじ半)を混ぜる。

3、焼く
賀茂茄子の水気をしっかり拭いた後、グリルで焼く。
八分通り火が通ったら田楽味噌を塗って焼きますが、味噌は焦げ易いので弱火にする。
110728a21.jpg

田楽味噌に程良く焼き色が付けば取り出します。
110728a22.jpg

4、炒り胡麻を散らす
並べて炒り胡麻を散らせば出来上がり。
110728a23.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願いします。
(クリックの数で順位が決まります)

人気ブログランキング
レシピブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。