140904v1.jpg   131216u1d.jpg

再度「かまどさん」購入 
161227f1.jpg

今まで使用していた「かまどさん」が割れたので、次の購入を考えていました。
当時の記事・・・土鍋「かまどさん」が割れた

そんな時にテレビで見たのが、バーミキュラの炊飯器。
買い替えを考えている時にテレビで見るというタイミングの良さ。背中を押された感じでしたが、注文殺到で3ヵ月待ちとか。

そんな時にテレビで見たのが「かまどさん」の特集。
伊賀焼 長谷園のかまどさん
なんというタイミングでしょう。背中を押された感じで即注文。

土鍋の中で、もの凄く売れているみたい。
土鍋の形、内側の形、鍋下半分のザラつき、使用している土、穴の位置、蓋の重さ、鍋の厚み、温度変化など、前回購入時に分かっているつもりでしたが、実際に職人さんが作業している所、説明、化学的な実験などをテレビで見て凄さを再認識。やっぱりこれだと注文しました。

今回注文したのは3合炊きです。
161227f2.jpg

5合炊く時がほとんど無いので前回からサイズダウン。3合炊きにしました。
左が5合、右が3合です。
161227f3.jpg

土鍋の存在感でおもちゃのミニキッチンみたいに見えますが、ちゃんとしたビルトインコンロです(^^)
コンロについては・・・リンナイのデリシアを買いました

前回購入時は、ホームパーティーに備えて5合炊きを選びましたが、日常では3合しか炊きません。あと、ホームパーティーでは見栄えするパエリヤなどの米料理にすることが多く出番は少なかった。土鍋で炊く米の旨さを知ってもらう時でも3合なので、今回は3合炊きを選びました。

当たり前ですが、これだけ大きさと重さが違うとかなり楽。
写真を見ていただくと分かりますが、5合炊きはコンロに置くと存在感たっぷり。3合炊きはそれなりに。洗う時も軽いので楽です。


炊き方は簡単
米1合に対して、水180ccから200ccです。
始めは中火(5合炊きでは中火の強火)
蒸気が出始めたら弱火にして10分、火を消して20分から30分蒸らせば出来上がり。

米炊きを追及するなら
1、米は3kg程度を3-5銘柄買う。
下記しますが、アタリを見つけるには最低6回は炊く必要があるので1銘柄1kgでは足りません。

その後、美味しい銘柄をまとめ買い。これが私の買い方です。
ブランドは参考にしますが過信しません。天候に左右される農作物の味は毎年違うし、新米と古米でも違う。ただ、ある程度の目安は必要なので、ブランド化することに反対ではありません。

2、米を洗ってから水に浸ける。
浸ける時間は、夏は20分前後で冬は30分前後。お米全体が白っぽくなるまで。冬といっても暖房している部屋とそうでない部屋では浸ける時間が前後します。夏でも涼しい時もありますから、時間は目安です。

3、炊き上がりを確認
水多めで炊いても味が薄い。少なめで炊いても味が薄い。普通に炊いても味が薄い。
火加減を弱めで長く、強めで短く炊いても味が薄い。
これはダメな米で、もう買わない。

ダメと判断するには、最低6回は炊かなければいけません。
水多めで火加減弱めで長く、水多めで火加減強めで短く・・・というように。

3つの炊き方でアタリがあれば良し。
でも、香り固さ柔らかさモッチリ感が好みと違えば、別の銘柄を試すのもアリ。

これらの微調整を可能にするのが土鍋の魅力です。
逆に言えば、微調整ができないと米のアタリを見つける範囲は狭くなる。米によって(銘柄、新米、古米)、旨みが最大に引き出される水分と火加減は違うので、いつも同じ水分と火加減では限界があるのです。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
スポンサーサイト

コンロのガラストップコートが割れた 
161220f5.jpg

娘が土鍋の蓋を落とし、ガラストップコートが割れました。
リンナイに電話確認すると、製造中止から10年間は部品供給可能で、その後は在庫限りとの回答。
私の使っているコンロは今年いっぱい製造されるようなので、今から10年は大丈夫。親切な電話対応でした。

過去の記事をみると、2014年9月に買っています。
当時の記事 リンナイのデリシアを買いました

トップコートを替えようか迷いましたが、ご飯を炊く時はコンロの上なので「また蓋を落とされるんじゃないか」という不安が頭をよぎる。土鍋は割れて使わなくなりましたが、今使っているル・クルーゼの蓋も相当に重い。これが落ちれば確実に割れるだろう。

いっそうのことバキバキに割れてくれたら即決断できましたが、ひび割れというのが悩ましい。
どうしようか・・・

それにしても、飼い猫が亡くなり土鍋が割れ私の右足が折れ、コンロのトップコートが割れた・・・悪いことは続くと言いますが、まさにその通り。毎年恒例のクリスマスパーティーも開催できず、年末年始もお出かけできない。当然、初詣も無し。これだけ悪いことが続けば、その後に良い事が起こるかな。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

飼い猫が永眠

10月24日に飼い猫が亡くなりました。16歳でした。
161220f6.jpg

外出している時以外は毎日遊んで毎日抱っこ。溺愛でしたね。
猫がいたことで家族の会話も増えました。
とっても悲しいけど、(表現が適切なのか分かりませんが)飼いきったという満足感もあります。
16歳なら大往生だし、毎日遊んで毎日抱っこして毎日お話しました。亡くなってから火葬まで1日ありましたが、その間も横で添い寝したり話しかけたりして、最後の最後まで仲良くしました。

元気だった頃・・・猫の食事

娘のことが大好きで、よく娘の後を追いかけていました。
そして、偶然にも娘が在宅中に亡くなったので、時を待っていたのではないかと。

最後は苦しんだりせず、呼吸の間隔が少しずつ長くなり息をしなくなりました。
今は天国で安らかに眠っていると思います。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

土鍋「かまどさん」が割れた 
161220f1.jpg

過去の記事をみると、2012年の10月1日に買っています。
4年間使ったことになりますね。

そこらじゅうに小さな傷はありましたが、落下で修繕不能に。

土鍋の中も、四方にひび割れが入っています。
1220f2.jpg

蓋は別注できますが、土鍋本体もひび割れなら買い替える方が早い。

でも、次々と試したくなる性分なので、同じ土鍋よりも違うものに目移り。
そんな時にテレビで見たのが、バーミキュラの炊飯器。
買い替えを考えている時にテレビで見るというタイミングの良さ。背中を押された感じでしたが、注文殺到で3ヵ月待ちとか。

ということで、とりあえずル・クルーゼで炊いています。
161220f3.jpg

火加減は簡単です。
まずは中火。隙間から湯気が出てきたら弱火にして10分。そこで火を止める。
そのまま20分、蒸らせば出来上がり。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

自宅で BBQ
半年ほど前になりますが、更新していなかったので。
私の他に女性6名、子供4人でBBQをしました。

161219k1.jpg

161220v1.jpg

161220v2.jpg

自宅で BBQはよくやります。
ご近所さんが話しかけてくると、「一緒にどうぞ」と言って飛び入り参加していただく時も多々あり。


自宅のBBQで注意するところ
一番の問題は煙でしょう。
ご近所とトラブルになるケースはよくあるようなので、十分注意が必要です。
少し離れた所でも煙の臭いは気になるもの。隣家なら、なおさらです。
窓を空けていなくても、洗濯物を干していたら煙の臭いが付いてしまう。

私の家は角地で隣家とも距離はありますが、煙には気をつけています。
ポイント1
脂身の少ない肉を焼く。
霜降り肉や脂身の多い鶏肉、鶏皮などは煙が多く出ます。
これを控えるだけで煙の量は激減します。

ポイント2
あおがなくてもよい「穴の空いた炭」を使う。
穴が空気の通り道になるので、あおがなくても消えません。

炭をあおぐと灰が舞う。風に乗ってご近所の家に入ったり洗濯物に付着すると大変です。
灰は軽いので、想像以上に遠くまで飛ぶ。

この2つのポイントを抑えるだけで、随分違うはず。

〇事故に気を付ける
チューブ式の(ジェル状の)燃料は、そのまま絞り出して追加しないこと。
一気に火がまわり大やけどします。

火を扱うので、必ず水を用意しておく。
不測の事態に備え、バケツに水か水道ホースを近くに置いておく。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

足の骨が折れた 

スポーツのやり過ぎで、足の骨が折れました。
161214t1.jpg

鍛えているから大丈夫だと思っていましたが、疲労がたまっていたようで。
もう二度と骨折したくありませんが、気付いたことを忘れないようにメモしておきます。これを見返す度に当時の恐怖と苦労が思い出され、もう無理はしなくなるはず。

メモ
・松葉杖で階段は危険。
とくに降りる時、体重移動を間違えて踏み外すと体が宙に浮く。この時、脇で松葉杖を支える格好になる為、両腕が外へ跳ね上がり手すりが持てない。一瞬で体を反転させ右側にある手すりを左手で握りましたが、体は階段と同じ角度だった。もし、手すりを握れなかったら背中を階段に強打していたはず。後頭部を強打していたら、あの世へ行ってたかも。

これを経験した後、しばらくの間は恐怖が消えず階段で一歩踏み出すことができなかった。

その後、階段では松葉杖を使わず両手を階段に乗せて片足でピョンピョン飛びながら上がっています。降りる時は、手すりを持ちながら片足でピョンピョン。なるだけ片足に負担がかからないよう、バネのように着地して衝撃を弱めています。

問題は外出先での階段。
これは本当に怖い。家のように松葉杖を置いていけないので大変です。付き添いの人がいたら、上がる時は後ろ、下がる時は前に立ってもらい、その人にもしっかりと手すりを持ってもらう。それで一歩一歩ゆっくり進む。自分一人なら手すり側を進みますが、ある意味で運を天に任せている状態です。

エレベーターがあるなら遠くても利用する。
近道で危険な階段より、遠くても安全なエレベータで。

・お風呂
大きめのナイロン袋で足を包み、太め大きめの輪ゴムで留める。
滑ると大ケガするので絶対に片足でピョンピョンしない。両手を使い這うように出入りする。

・指先を動かして血流を促す
ギブスは足首を広範囲に固めるので、全く動きません。足の指を動かして血流を促します。

・椅子に長く座れない
椅子に30分も座っていると「だるくて痛い」ような感じになる。
寝そべったり足を高くすると楽になる。

・松葉杖は持つところに柔らかいものを巻きつける
そのままだと手が痛くなる。外出して10分歩くと痛くなった。柔らかいものを巻き付けても長くは歩けない。慣れてくると違うはずですが、3週間経っても同じ状況。

・自己診断はやめて整形外科へ
過去に2度捻挫していますが、それとは全く違う痛みでした。足を地面に着けるだけで痛い。
応急処置として氷袋を当てますが、すぐ病院へ行く方が安心です。レントゲンで骨折の有無を確認してもらい、適切な処置を早くやってもらう。

過去の捻挫について
1度目は、捻挫した直後は動けなかったが30分もすれば歩けた。2週間くらい経った頃には痛みも無くなり大丈夫と思っていたら、2度目の捻挫。これが治るまで1ヵ月以上かかりました。完治する前に捻挫すると、1回目より大きな捻挫になるようです。

・キャスター付きの椅子が重宝する
こんなものを買いました。
161214t2.jpg

松葉杖をついていると物が持てません。
グラス、皿、何か1つでも持ち運びできない。片足ケンケンで運べるようになったのは2週間目。バネの要領で上手くやれば、飲み物もこぼさず運べるようになりました。でも、両手で何かする時に片足だけでは無理がある。そんな時に役立つのがキャスター付きの椅子。

キャスターの直径が大きいとキッチンで調理する時に邪魔になると思い、小さい物を選びました。
注意するところ
椅子が高いと調理する時に楽ですが、高いままだと座る時が危険。斜めに座ると椅子が後ろへ進み、体が後ろへひっくり返る。熱い物を持っていたら怪我と火傷するかもしれません。立つ時は椅子を低くしておく方が安全。

・釣りバケツが役に立つ
161214t3.jpg

1階と2階に物を運ぶ時、松葉杖をついて運べません。片足ケンケンでも階段では大変です。
何か良い方法はないかと考え、釣り具の電動リールを使って上下させることを思いつきました。でも、電動リールを固定する器具は船縁用に作られているので合いません。どうにか加工できないものかと思っていたら、釣りバケツに目がとまり「これだ」と。防波堤などで海水を汲む時に使う釣りバケツです。ロープには50cmおきにストッパーが付いているので、滑らず簡単に巻き取れます。

バケツの中に入れて先に移動させ、後から自分だけ移動する。
松葉杖でも、くくり付ければ大丈夫。

12月20日 追記
1ヵ月でギブスが外れました。
レントゲンで確認してもらうと、折れたところは全く同じでくっついていません。ただ、1ヶ月固定すれば骨がズレ難くなるようで、そうなれば外して良いみたい。

触診および痛みが無いことを確認されると、簡易サポーターにしましょうと。
血行を良くするのと筋肉を動かすのも必要なので、体重はかけずに良く動かして下さいと言われました。

簡易サポーターは取り外しできるので、お風呂がとっても楽になりました。
袋で包み輪ゴムで留め、片足あげて入るお風呂から解放。そして、たっぷりの湯に浸かっていられます。

折れた右足は筋肉が落ちて細くなりました。左足の太さと全く違います。
右足の半分というのは大袈裟ですが、それぐらい激変した足を見て「その細さを目指して痩せたい」と変なところにヤル気が出ています。

・食品売り場で突き飛ばされた
広い通路で、お客さんも少ない時間帯。
それでも邪魔にならないよう端に立っていたら、横から突き飛ばされた。幸いにも横からなので松葉杖が支えになり転倒は逃れましたが、これが前後だったら間違いなく転倒していたでしょうし、階段だったら転げ落ちて死んでいたかも。もちろん、その人と目が合って喧嘩を売られたという猿の喧嘩みたいなお話ではありません。広い通路なのに、わざわざ隣を進んできて付き飛ばし。詳細は書けませんが、その人を見て仕方ないかなぁと。でも、仕方ないで大怪我は嫌なので、松葉杖が取れるまで人の往来には十分注意しようと思いました。

また何か気付くことがあれば、追記します。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

ハロウィンキャンプ 2016年

2ヵ月も前になりますが・・・毎年恒例になったハロウィンキャンプへ行ってきました。
今年も、子供を含めて30人ほど。

仮装に大忙し
161214s1.jpg

ハロウィンイベントでは、たくさんの子供達がお菓子をもらいにやって来ます。
161214s4.jpg

今年は200個ほど用意しましたが、イベント終了までもたず。

今年のメニューは
・焼肉
・おでん
・豚汁
・スペアリブのトマトソース煮込み
・コールスローサラダ
・フルーツの盛り合わせ

当日は寒くなると思い、おでんを追加で作りました。
現地で作ると味が浸み込まないので(煮込む時間が少ないので)、2日前に調理しておき、煮汁と一緒に真空パックして持参。
数が多いので種類を絞り込みました。卵、大根、牛すじ、ちくわ、こんにゃく、ごぼう天。
161214gg.jpg

キャベツが余ったので、千切りにしてコールスローにしました。
ドレッシングを忘れたので、マヨネーズとパイナップルの果汁を混ぜて作りました。
フルーツの盛り合わせで残ったパイナップルを絞り、その果汁とマヨネーズを混ぜ合わせるだけ。

30人分なので、肉の量も多いです。
161214s2.jpg

161214s3.jpg

日が落ちると寒くなり、コテージの中へ。
161214s5.jpg

寒い時のおでんは大好評でした。
50-60個ほど仕込んだ卵は全て無くなり、残ったのは練り物が少しだけ。

元気な人は、寒さに震えながら外で。いや、アルコールで温まっているから大丈夫。
161214s7.jpg

翌朝は、大縄跳びで楽しんだ後、キャンプ場が提供してくれるハンバーガーを食べて帰りました。

最後は集合写真で。
161214s6.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

自宅でランチ会 
160607f1.jpg

以前、お料理教室をやった3名様を自宅に招いてランチ会をしました。
当時の記事は、こちら
2014年 お料理教室をやりました

まずは、門扉横にある寄せ植え前で花談義。
皆さんそれぞれに花を楽しまれているので、とても詳しい。
鉢の選び方、並べ方、置き方、花の組み合わせなど沢山褒めていただきました。

ただ・・・植えたのは自分ですが、選んでもらうのは花屋さんだと正直に答えました。
今だけ綺麗になら、誰でもできる。でも、半年持たせるなら、何がどのように成長していくのか理解していないと無理。植え替えごとにお話を聞きながら勉強していますが、本当に難しい。例えば、「この花壇は可愛らしく」と考えても、女性から見る可愛らしさと男性から見る可愛らしさは違う。男は「いかにも可愛い」と思わせる選び方が、女にとっては「ブリブリの可愛さ」になり行き過ぎてしまう。

次は、庭にあるガーデニングと家庭菜園を見ていただき、ここでも沢山褒めていただきました。
大変驚かれたようで、「凄いなー、凄いなー」の連発でした。
我が家のガーデニングは、右横のカテゴリー内にあるガーデニングと家庭菜園からご覧下さい。

家の中へ案内するまで1時間ほど経ったでしょうか。それぐらい花談義に花が咲きました。

160607f12.jpg

パーティー用の台をセット。そこにお料理を並べました。
160607f01.jpg

麻婆豆腐とステーキは、その場で作りました。(ステーキの写真を撮り忘れました)
ライブキッチンですね。

鶏肉のソテー バジルソースがけ
160607f3.jpg

かぼちゃサラダ シナモン風味
160607f4.jpg

パエリア
160607f5.jpg

キウイとスモークサーモン
160607f6.jpg

モッツァレラチーズ、トマト、アボカドのハーブドレッシングがけ
160607f7.jpg

海老と野菜のポン酢ジュレ
160607f8.jpg

カツオのたたき、香味野菜と熱々胡麻油がけ
160607f9.jpg

家庭菜園サニーレタスとパプリカのサラダ
160607f10.jpg

麻婆豆腐
160607f11.jpg

夕方4時まで楽しいおしゃべりをいっぱい。
あの勢いなら、深夜まで話が尽きなかったかも(^^)

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

プジョーのペッパーミルを買いました 
Peugeot のペッパーミル
プジョーと言えばフランス車を連想しますが、ペッパーミルも作っています。
ホームページで歴史を紐解くと、1870年にペッパーミルが誕生。1889年に自動車第一号が完成。その後、自動車部門とペッパーミルを含む工業部門が分かれ、それぞれの展開を始める・・・
ペッパーミルは146年もの歴史があるんですねー凄い。
160509r1.jpg

何度も買い替えてきたペッパーミル。
やっと良い物に出会うことができました。
出合った場所は百貨店。店員さんが親切丁寧に教えてくれました。何度も買い替えているだけに疑問も多かったのですが、全て払拭してくれる知識の豊富さと人柄を信用してお買い上げ。

今までのペッパーミル
・回す感触がしっくりこない
・回しに対して出てくる胡椒の量が違う
・胡椒に歯車が負けている感じ
・微妙なぐらつき感
このうち、何かがひっかかるのです。

私の感覚によるところが大きく、今まで使ってきたものが悪いわけではありません。
でも、この「感覚」が大切で、使う度に「違和感」を感じると嫌になってくるのです。でも、挽けるので悪くない。「悪くないけど嫌」これはやっかいで、中途半端な気持ちのまま過ぎてしまう。使う度に違和感を感じて嫌になるのですが、悪くないのでミルの購入だけを目的に出歩くことができません。出歩いても、買い替えを強く意識していないのでミルを見過ごしてしまう。やっと買えても、胡椒を入れて回してみると何か違う・・・「買う前に胡椒を入れて挽くことができたらなぁ」と何度思ったことか。そうやって、何度も買い替えながら今に至る。

一番下に目盛りがついています。6段階まで調節可能。素晴らしい。
160509r2.jpg

左手でしっかりと握れる方が、右手で回した時に安定します。
この為、長い物を選びました。
160509r4.jpg

帰って来て、早速回しましたよ。料理しないのに。
胡椒を入れて回すと完璧です。
回す感触は合格、回しに対する胡椒の量もピッタリ、胡椒に負けない歯車の強さ、ぐらつき無し、ストレスゼロです。

プジョーの車についているライオンエンブレムは有名ですね。
歯車の右上奥に刻印されています。丁寧に作り込まれているのがよく分かります。
160509r3.jpg

これから、胡椒を挽くたびに違和感を感じることはないでしょう。良い買い物をしました。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

クリスマスパーティー 2015年 
151225a23.jpg

今年は多忙の為、1回だけのクリスマスパーティーです。

151225a1.jpg

パーティー用に棚を買いました。
これまでのパーティーでは、テーブルのスペースを考えながらお料理を作ってきましたが、これで安心。作りたい放題です。
普通の棚は棚板の奥行が同じですが、これは下が広くて上に行くほど狭くなるので、お料理が取りやすい。
151225a2.jpg

そしてキッチンカウンターの上にもお料理を並べました。

パーティーメニュー
お料理21品
・パエリア
・スモークサーモンの生ハム巻き
・スペアリブの赤ワイン煮
・ロマネスコとチーズの盛り合わせ
・骨付きラムのグリル
・ローストチキン
・サラダの盛り合わせ
・メークインのサラダ
・トマトアソート
・長芋とクコの実
・鶏皮ポン酢
・小芋と海老の明太子マヨネーズ和え
・豚肉とキムチの和え物
・ちぢみホウレン草の胡麻和え
・イベリコ豚のタンとニンニクの芽の炒め物
・ふろふき大根
・飛騨コンロでタラちり
・ソーセージのミックスグリル
・キャベツの塩昆布和え
・小カブの煮物
・麻婆豆腐

デザート 3品
・クリスマスケーキ
・ブッシュドノエル
・チョコレートファウンテン

パエリア
15225a3.jpg

スモークサーモンの生ハム巻き
151225a3.jpg

サラダの盛り合わせ
151225a5.jpg

メークインのサラダ
151225a6.jpg

トマトアソート
151225a7.jpg

ロマネスコとチーズの盛り合わせ
151225a8.jpg

ローストチキン
151225a9.jpg

ローストチキンはダッチオーブンで作りました。
お庭にある「バーベキュー用のチムニー」の上にダッチオーブンをセット。
こんな感じで作りました。
151225a10.jpg

鶏皮ポン酢
151225a11.jpg

小芋と海老の明太子マヨネーズ和え
151225a12.jpg

豚肉とキムチの和え物
151225a13.jpg

ちぢみホウレン草の胡麻和え
151225a14.jpg

小カブの煮物
151225a15.jpg

キャベツと塩昆布の和え物
151225a16.jpg

スペアリブの赤ワイン煮
151225a22.jpg

ソーセージのミックスグリル
151225a17.jpg

イベリコ豚のタンとニンニクの芽の炒め物
151225a19.jpg

ふろふき大根
151225a18.jpg

麻婆豆腐
151225a21.jpg

長芋とクコの実
151225a20.jpg

骨付きラムのグリル
151225a4_20151225062157f20.jpg

4品の写真を撮り忘れました。
飛騨コンロでタラちり、クリスマスケーキ、ブッシュドノエル、チョコレートファウンテン

151225a26.jpg

151225a25.jpg

151225a27.jpg

会話は途切れることなく、お帰りの時間に。
最後は、自宅を飾っているイルミネーションを見ていただき、お開きとなりました。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。