140904v1.jpg   131216u1d.jpg

サーモンのフレッシュハーブ焼き 
(サケ、鮭)
170901h1.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料
170901h2.jpg

・鮭 3切れ
今回は皮無しですが、皮と身の間にある脂が美味しいので、皮付きがおすすめです。
・タイム 適量
・オレガノ 適量
・ローズマリー 適量
・ニンニク2かけ
・オリーブオイル 大さじ3

付け合せ
・ブロッコリーを茹でたもの
・ポテトサラダ

2、下ごしらえ
170901h3.jpg

・ニンニクはスライス。
・鮭に塩胡椒。

3、炒める
オリーブオイル(大さじ3)でニンニクスライスを炒めます。
ニンニクの炒め方
炒め終えたら取り出し、鮭とハーブを中火の弱火で炒めます。
170901h4.jpg

ハーブの香りがオリーブオイルに移ります。
これで炒めると、鮭全体にも良い香りがつきます。

4、付け合せを添えれば出来上がり
鮭に火が通ったら取り出して器に盛り付け。
鮭の上に、取り出しておいたニンニクスライス、一緒に炒めたハーブを乗せる。
ブロッコリーを茹でたもの、ポテトサラダを添えれば出来上がり。
170901h5.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
スポンサーサイト

ハーブ風味のローストビーフ 
161216f1.jpg

ハーブをたっぷり使って、ハーブ風味に仕上げました。
一般的にはオーブンを使いますが、肉の厚みに合わせて温度設定する難しさがある。でも、今回の方法は湯煎で仕上げますから失敗しません。

★★★レシピ★★★
1、材料
161216f2.jpg

3-4人分
・牛もも肉 200g
・玉葱 1個
・人参 小さめ1個
・ローズマリー 適量
・タイム 適量
・ニンニク 1かけ
・マルサラ酒 300cc
・バター 10g
・イタリアンパセリ 少々

2、下ごしらえ
161216f3.jpg

・玉葱と人参はみじん切り
・牛もも肉に味付け
塩、粗挽き黒胡椒、ニンニクのすりおろし、タイム、ローズマリーの順でまんべんなく付けていく。その後、ラップで包み常温で30分置きます。30分経ったら、ハーブを取り除く。

3、焼いてから湯煎
油(大さじ2)で、もも肉と玉葱と人参を強めの中火で炒めます。この時、玉葱と人参に薄力粉(小さじ2)を振りかけておく。これは、後でソースを作る時にとろみの元になる。

同時に、隣で60度の湯をつくる。
肉の下に玉葱人参が入ると焼きめがつかないので注意します。片面焼けたら裏返し、裏が焼けたら側面を焼き、全体に焼き色をつけていく。
161216f4.jpg

全体に焼き色がついたら、ナイロンに入れて真空パック。
袋の口にストローを入れて吸えば真空に。後は、口をねじって縛れば真空パックの出来上がり。
これを60度の湯に浸け、火を消して蓋。20-30分間湯煎します。今回は30分、仕上がりはミディアムウェルという感じでしょうか。仕上がり写真を参考にして下さい。但し、肉の厚みによって変わりますから、同じ200gでも分厚ければミディアムレアかミディアムになります。

肉を取り出した後は、中火にして玉葱と人参を炒め続けます。
161216f5.jpg

4、ソースを作る
肉を湯煎している間に、ソースを作ります。
玉葱と人参がしっかりと色付いたら、マルサラ酒(300cc)を入れて強火。
161216f6.jpg

半量まで詰まったら、塩胡椒で味を整えてからザルで漉す。
お玉などで上から押さえて、旨みを十分に取り出す。
その後、バター(10g)を入れて溶かせばソースの完成。
161216f7.jpg

5、仕上げ
肉を30分間湯煎したら、冷水に浸けて冷ます。
161216f8.jpg

冷めたら取り出し、薄切りに。
器に並べてソースをかけ、最後にイタリアンパセリを乗せれば出来上がり。
161216f9.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

牛肉と小松菜のXO醤炒め 
161215h1.jpg

XO醤は調味料の中で高級品。
でも、中身を知れば納得。これを使うだけで、いつもとは違う美味しい味付けになる。

★★★レシピ★★★
1、材料
161215h2.jpg

・牛肉スライス 300g
・小松菜 300g
・もやし 1袋
・人参 50g
・ニンニク 1かけ
・生姜 少々
XO醤のタレ

2、下ごしらえ
161215h3.jpg

・小松菜は、茎と葉に分ける。茎は3cmの長さ、大きな葉は2等分。
・もやしは洗って水切り。
・人参は短冊切り。
・ニンニクと生姜はスライス。

3、ニンニクと生姜を炒めてから
油(大さじ2)で、ニンニクと生姜のスライスを弱めの中火で炒めます。
161215h4.jpg

ニンニクと生姜に焼き色が付いたら取り出して、牛肉と人参を入れて中火。
161215h5.jpg

4、XO醤のタレと絡める
牛肉と人参に半分ほど火が通ったら、もやしと小松菜の茎を入れる。
161215h6.jpg

もやしと小松菜の茎がしんなりしてきたら、XO醤のタレを加えます。
161215h7.jpg

5、最後に葉
XO醤のタレが全体に絡めば、小松菜の葉を入れる。
161215h8.jpg

小松菜の葉が柔らかくなれば出来上がり。
161215h9.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

挽肉とモヤシの香り炒め 
160726r1.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料
160726r2.jpg

4人分
・合挽肉 200g
・もやし 2袋
・ニラ 2束 100g
・ニンニク 2かけ
・花椒 10粒
・五香粉 大さじ1
・ナツメグ 小さじ2

2、下ごしらえ
160726r3.jpg

・ニラは3-4cmに切り揃える。ニラの切り方
・もやしは洗って水切り。
・ニンニクはスライス。

3、ニンニクと花椒を炒めてから挽肉を加える
サラダ油(大さじ1)で、ニンニクスライスと花椒を弱めの中火で炒めます。
160726r4.jpg

ニンニクが色付いたら取り出し、挽肉を中火で炒めます。
ナツメグ(小さじ2)、塩胡椒を少々加える。
160726r5.jpg

4、野菜を入れる
挽肉から出る肉汁が透明になったら(始めは濁っているが、炒めていると透明になってくる)、強めの中火または強火でモヤシとニラを炒めます。ニラは、始めに根元を入れて、数十秒炒めてから葉を入れる。
160726r6.jpg

全体を少し炒めて油がまわったところで、五香粉(大さじ1)、砂糖(大さじ1)、濃口醤油(大さじ1)を加えます。
160726r7.jpg

ニラとモヤシに火が通ったら、取り出しておいたニンニクを加えて出来上がり。
160726r8.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

豚肉とパプリカの炒め物 ローズマリー風味 
160530p1.jpg

塩胡椒だけで味付けするので、塩胡椒の加減が要になります。
塩胡椒とローズマリーの調和でいただく炒め物。

★★★レシピ★★★
1、材料
160530p2.jpg

3-4人分
・豚肉 こま切れ 400g
・赤パプリカ 1/2個
・黄パプリカ 1/2個
・ニンニク 2かけ
・ローズマリー お好みの分量で

2、下ごしらえ
160530p3.jpg

・赤パプリカと黄パプリカは、くし型にします。
・ニンニクはスライス。
・ローズマリーは2-3cmの長さに切り分ける。

3、順番に炒めます
オリーブオイル(大さじ2)で、ニンニクスライスを炒めます。ニンニクの炒め方
ニンニクを取り出したら、中火の弱火で豚肉を広げながら炒めます。ここで、塩胡椒。

豚肉がほぐれ、半分ほど火が通ったところでパプリカとローズマリーを加えて中火。
160530p4.jpg

全体を良く混ぜたら、もう一度塩胡椒して味を整えます。
塩胡椒とローズマリーの風味が調和したところで火を止める。最後に、先に取り出しておいたニンニクチップと混ぜれば出来上がり。
160530p5.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

海老とフレッシュハーブの炒め物
(えび、エビ)
160527f1.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料
160527f2.jpg

2人分
・海老 200g
・ニンニク 1かけ
・タイム 適量
・オレガノ 適量
・ローズマリー 適量

2、下ごしらえ
・海老は下処理します。尾は取らずにそのままで。海老の下処理
・フレッシュハーブを適当な大きさに切る。
・ニンニクはスライスにします。

3、順番に炒める
オリーブオイル(大さじ1)でニンニクスライスを中火の弱火で炒めます。ニンニクの炒め方
ニンニクを取り出した後、海老とハーブを加えて少し強火にする。塩(少々)と粗挽き黒胡椒(少々)で味付け。
160527f3.jpg

海老に火が通ったら出来上がり。
160527f4.jpg

160527f5.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

鶏肉のソテー イチゴソース 
(いちご、苺)
160523z1.jpg

家庭菜園のイチゴがいっぱいです。
形はいびつですが、甘くて美味しい。

パック売りされているイチゴだと、ソースに使うのがもったいなくて・・・そのまま食べたくなります。でも、家庭菜園で山ほど収穫したイチゴなら贅沢に使えます。ギュッと握りつぶしてソースにしました。

★★★レシピ★★★
1、材料
160523z2.jpg

1人分
・鶏もも肉 1枚
・イチゴ 50g
・白ワイン 50cc
・バター 5g

付け合せ
・ブロッコリーを塩湯がきしたもの
玉葱と人参のマリネ

2、下ごしらえ
・鶏もも肉に塩を振って下味をつけます。
・イチゴは握りつぶす。

3、鶏肉をソテーします
皮面から中火の弱火で。
160523z3.jpg

火が半分通ったら裏返し。皮面はパリッと仕上がっているはず。
160523z4.jpg

火が通ったら器へ移します。

4、イチゴソースを作る
フライパンに残っている鶏肉の脂を軽く拭き取り、白ワイン(50cc)を入れて沸かします。
一煮立ちさせてアルコールを飛ばしたら、握りつぶしたイチゴを入れる。
160523z5.jpg

イチゴを入れて再度一煮立ちさせたら、バター(5g)を入れて火を止める。
バターを溶かしながら混ぜ合わせればソースの出来上がり。
160523z6.jpg

盛り付けた後、イチゴソースをかけて完成です。
160523z7.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

ブリのトマトソースがけ 
(ぶり、鰤)
160517w1.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料
160517w2.jpg

2人分
・ブリ 2切れ
・玉葱 1個
・大きめのミニトマト 6個
・白ワイン 100cc
・ニンニク 2かけ
・バジルの葉 適量

2、下ごしらえ
160517w3.jpg

・ブリに塩をふりかけ、グリルで焼く。
・玉葱は千切り。
・ミニトマトは縦4等分。
・ニンニクはスライス。

3、トマトソースを作ります
オリーブオイル(大さじ3)で、ニンニクを炒めます。ニンニクの炒め方
その後、ニンニクを取り出し、玉葱を中火の弱火で炒めます。
160517w4.jpg

15分から20分で、玉葱があめ色に。
そこへ、ミニトマトと白ワイン100ccを加えます。
160517w5.jpg

4、ソースを仕上げる
少し沸く火加減にして、木ベラでトマトを潰しながら煮詰めます。
半量まで煮詰めたら、少しだけ塩胡椒して味を調える。
160517w6.jpg

焼いたブリの上からソースをかけて、バジルの葉を乗せれば出来上がり。
160517w7.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

鶏もも肉とゴーヤの豆板醤炒め 
(トウバンジャン)
150828r2.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料
150828x2.jpg

3人分
・鶏もも肉 1枚 150g
・ゴーヤ 150g
・人参 40g
・ニンニク 1かけ
・豆板醤 小さじ1

2、下ごしらえ
150828x3.jpg

・鶏もも肉は1口サイズにしてから、軽く塩胡椒します。
・ゴーヤはスライス。ゴーヤの下処理
・人参は短冊にします。
・ニンニクはみじん切り。

合わせ調味料
紹興酒(大さじ1)、濃口醤油(大さじ1)、砂糖(大さじ1)、豆板醤(小さじ1)を良く混ぜる。

3、順番に炒める
油(大さじ1)で、鶏肉とニンニクを中火で炒めます。鶏肉は皮面を下にして。
150828x4.jpg

鶏肉に半分火が通ったら、人参とゴーヤを入れます。
150828x5.jpg

4、合わせ調味料で味付け
全ての食材に火が通ったら、合わせ調味料を加えます。
150828x6.jpg

調味料が全体に混ざれば出来上がり。
150828r1.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

筍とミニアスパラのニンニク醤油炒め 
(タケノコ、たけのこ)
150512f1.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料
150512f2.jpg

2-3人分
・茹でた筍 200g 筍の茹で方
・ミニアスパラ 100g
・ニンニク 2かけ
・鷹の爪 1/2本

2、下ごしらえ
150512f3.jpg

・筍は1口サイズにします。
・ミニアスパラは3cmの長さに切り揃える。
・ニンニクはスライス。
・鷹の爪は揉んで種を取り出す。

3、炒める
オリーブオイル(大さじ2)で、ニンニクスライスと鷹の爪を炒めます。ニンニクの炒め方
その後、取り出す。ニンニクチップとして最後に使います。

取り出した後のオイルで、タケノコとミニアスパラを中火で炒めます。塩(2つまみ)と、粗挽き黒こしょうを全体に振りかける。
150512f4.jpg

4、醤油で仕上げ
全体に焼き色が付いたら、濃口醤油(大さじ1/2)を加え混ぜて火を止める。
150512f5.jpg

取り出しておいたニンニクチップを加えて、盛り付ければ出来上がり。
150512f6.jpg

粗挽き黒コショウを多めに入れると、スパイシーな大人の味に。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。