140904v1.jpg   131216u1d.jpg

チョコレートファウンテンを買いました 
151214a1.jpg

クリスマスパーティー用に、チョコレートファウンテンを買いました。
とくに、子供には楽しんでもらえるはず。
口コミなどを見て、こちらの商品に決定。

悪い評価で気になったのは「音がうるさい」
さて、どうなのか。

★★★レシピ★★★
1、材料

お好みで
今回は、マシュマロとバナナにしました。

説明書に書いてある
板チョコ8枚(1枚60g)と牛乳290cc
こちらを火にかけて溶かしました。
3人で食べるには多過ぎますが、嬉しくて試したくてパーティーまで待っていられません。

楽しいデザートだから娘の部屋でやろう!
ということになり、娘の部屋で。

2、下ごしらえ
板チョコと牛乳を溶かして、一番下の器に流し込む。上から流してもいいみたい。
そして、スイッチオン
151214a2.jpg

うわーーー!3人で大歓声!
これは面白い。
上からどんどんチョコが流れてくる。知ってはいたものの、自分でやってみると感動。

怖かったところ
上からどんどんチョコが流れてきた時、一番下の皿からチョコが溢れないか怖かった。チョコを持ち上げて流しているので、そんなことは起こりませんが。

機械が傾いているとチョコの流れも偏るので(流れないところが出てくる)、そんな時は足をクルクル回して高さ調整します。

口コミにあった「音がうるさい」は・・・娘の部屋ではうるさく感じました。
機械自体もうるさいですが、テーブルに振動が伝わり大きくなっています。

そこで
151214a3.jpg

下にタオルを挟むと振動音は無くなり、半減した感じ。
これなら、ダイニングなどの広い空間なら気にならないはず。

欲を言えば、一番下の皿がもう少し大きかったらいいな。
3段目でチョコレートを付ける時、外にこぼれないか気を使います。でも、2段目で付ければその心配は無いので、悪いわけではありません。

151214a4.jpg

娘の嬉しそうな顔。見ているこっちまで嬉しくなります。
子供は、こういうのが大好きですねー

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)
スポンサーサイト

とろり大学芋 
(さつまいも、薩摩芋、サツマイモ)
151126a1.jpg

片栗粉で簡単にとろみをつけてしまう「とろり大学芋」です。
カリッとした食感なら、大学芋
レンチンで簡単につくるなら、速攻大学芋

★★★レシピ★★★
1、材料
151126t7.jpg

サツマイモ 一般的なサイズを使用。 

2、下ごしらえ
棒状に切り揃えて水に浸ける。その後、水分をしっかりと拭き取ります。
151126a2.jpg

3、揚げる
サツマイモをそのまま揚げる。160度の油で4分ほど揚げます。
揚げている間に、とろり飴を合わせておく。
水(120cc)、砂糖(40g)、薄口醤油(小さじ1)、片栗粉(小さじ2)
151126a3.jpg

表面が少し膨らめば、火が通っています。そこで取り出す。

4、飴を沸かしてから絡めます
合わせた飴を火にかける。
1分ほど沸かした後、サツマイモを加えて絡めます。
151126a4.jpg

151126a5.jpg

全体に飴が絡めば出来上がり。
151126a6.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

ホイップ入りシュークリーム 
150320a1.jpg

150320a2.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料

レシピ「シュークリーム」と同じ材料になります。
他、ホイップクリームを作ります。
生クリーム(200cc)に砂糖(50g)を加え、ハンドミキサーにかける。

2、下ごしらえ
シュー生地を作る。
レシピ「簡単で失敗しないシュークリーム生地(シュー生地)
150320a3.jpg

カスタードクリームを作ります。
レシピ「美味しいカスタードクリームの作り方
150320a4.jpg

ホイップクリームを作ります。
生クリーム(200cc)に砂糖(50g)を加えてハンドミキサーにかける。
150320a6.jpg

3、つめる
カスタードクリームを入れる。生地の重さと合わせて40gほど。
150320a5.jpg

次にホイップクリームを入れる。30gほど。
150320a7.jpg

1個で70gほどになります。
150320a8.jpg

出来上がり。
150320a9.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

紅茶のシフォンケーキ 
150309b1.jpg

レシピ「シフォンケーキ
こちらに紅茶の葉を加えて作ります。

★★★レシピ★★★
1、材料
150309b2.jpg

紅茶(2g)は、すり鉢ですり潰してから入れます。お好みで3gにしてもいい。

2、下ごしらえ
紅茶は卵黄の方へ入れます。
150309b3.jpg

焼き上がり。
150309b4.jpg

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

2014年 クリスマスケーキ  
150120q3_20150120080344b87.jpg

テレビで紹介された「イチゴとホイップのサンタさん」を作りました。

クリスマスパーティーで作ったシフォンケーキです。
詳細はこちら
2014年 クリスマスパーティー

★★★レシピ★★★
・シフォンケーキの作り方は、レシピ「シフォンケーキ」。
・イチゴとホイップのサンタさんについては、2014年 クリスマスケーキ こちらで。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

2014年 クリスマスケーキ  
150120q1.jpg

テレビで紹介された「イチゴとホイップのサンタさん」を作りました。

クリスマスパーティーで作ったケーキです。
詳細はこちら
2014年 クリスマスパーティー

★★★レシピ★★★

2013年 クリスマスケーキ
こちらと同じ作り方です。デコレーションだけ変えています。

大変だったのが、サンタさんの目と口を描く時のチョコ。
既製品のチョコペンを使ったのですが、温めて柔らかくしてもすぐに固まるのです。この為、サンタさん1個分の目と口を描いただけで温め直さないといけない。これが時間を要し大変でした。
150120q2.jpg

既製品もいろいろあるので、私の選んだチョコペンが悪かった。でも、来年は既製品を買わず、自分で配合しようと思いました。

ランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)

ブルーベリーとヨーグルトのムース 
141029c1.jpg

秋バラと一緒に撮影。
いろいろな花瓶で秋バラを楽しんでいます。こちらはミニブーケ風に。

美味しいブルーベリーとヨーグルトでムースを作りました。
4人分作ったので残り1個は取り合いに(^^)私のところは3人家族なので。

★★★レシピ★★★
1、材料
141029c2.jpg

4人分
・ブルーベリーシロップ漬け 大さじ山盛り4杯分
・ヨーグルト 200g
・グラニュー糖 50g
・牛乳 50cc
・ゼラチン 5g 写真では5g入りが4袋写っていますが、1袋の間違いです。
・生クリーム 100cc

2、牛乳とヨーグルトを混ぜる
141029c3.jpg

牛乳(50cc)を温めてから、ゼラチン(5g)とグラニュー糖(25g)を加えて溶かします。
ゼラチンを沸かすと「固まる力」が極端に弱くなるので、注意します。

溶けたら冷まし、常温になったらヨーグルトと混ぜる。

3、生クリームを八分立てにする
生クリーム(100g)にグラニュー糖(25g)を加え、八分立てにします。
その後、先の「牛乳とヨーグルトを混ぜたもの」と混ぜ合わせれば、ムースの下処理完了。
141029c4.jpg

4、冷蔵庫で冷やす
ガラス容器にムースを流し込み、ラップをして冷蔵庫で1時間冷やし固めます。
141029c5.jpg

5、ブルーベリーをかける
固まったムースの上に、ブルーベリーのシロップ漬けを(大さじ山盛り1杯ずつ)流し込めば出来上がり。
141029c6.jpg

1029c7.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)



家庭料理 ブログランキングへ

栗あんぱん 

(栗、クリ)
141022c1.jpg

マロンタルト「レシピ マロンタルト」で作った栗の煮物が残っていたので、栗あんぱんにしました。

★★★レシピ★★★
1、材料
6個の栗あんぱんができます。

作り方は、レシピ「あんぱん」を参考にして下さい。
141022c2.jpg

・栗の煮物 6個
・市販品のあん
・卵 1個 卵水用なので、卵黄と水(大さじ1)を混ぜ合わせておく。

2、一次発酵まで
ホームベーカリーにセットして、一次発酵まで完了。
141022c3.jpg

これを6等分にして、40度で20分休ませる。

3、包んで二次発酵
生地を伸ばして「あん」と栗を包む。
141022c4.jpg

40度で40分、二次発酵させる。

4、焼く
二次発酵が終了。ブンブンに膨らんでいますよ。このフワフワ感がたまらない。
オーブンを200度にセット。予熱時間が残り30秒ほどになったら、卵水を刷毛で塗っていく。
141022c5.jpg

焼けたらケーキクーラーで冷ます。
141022c6.jpg

半分に切ってみた。
とってもいい感じ。
141022c7.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)



家庭料理 ブログランキングへ

マロンタルト 
(栗、クリ)
141016c20.jpg
141016c18.jpg

★★★レシピ★★★
1、材料

18cmの型
・タルト生地 レシピ「タルト生地の作り方(18cmの型)」
・マロンクリーム レシピ「マロンクリームの作り方」 絞り袋に入れておく。
・ナパージュ レシピ「すぐにできるナパージュ

・剥き栗 300g 但し、使うのは9個です。残りは「栗あんぱん」にしました。
・くちなしの実 1個
・生クリーム 100cc
・チョコチップ 適量

2、タルト生地を作ります
作り方は、上記のリンク先を参考にして下さい。
141016c2.jpg
141016c3.jpg
141016c4.jpg
141016c5.jpg

3、栗を煮る
タルト生地を焼いている間に栗を煮ます。
・くちなしの実を「お茶パック」に入れて潰します。
・むき栗(300g)、水(500cc)、砂糖(大さじ3)、くちなしの実、を火にかけ、少し沸く火加減で20分煮ます。
141016c6.jpg

20分経ったら、乾燥しないように蓋をするかリードペーパーを被せておく。
141016c7.jpg

4、土台作り
・生クリーム(100cc)に砂糖(大さじ2)を加えて、ホイッパーで角が立つまで泡立てる。その後、絞り袋に入れます。
・タルト生地に乗せていく。
タルト生地に生クリームを半分入れる(残りの半分は飾りつけに使います)。その上に、煮た栗を6個乗せます。
141016c8.jpg

次は、マロンクリームを乗せて山型にします
141016c9.jpg

5、飾りつけ
ホイップとマロンクリームを交互に「らせん状に」絞ります。
その後、チョコチップを散らす。
チョコチップは白い粉を吹いていますが、手の中で軽く揉むと綺麗な色になります。
141016c10.jpg

手揉みすると白い粉が無くなり、色艶が出ます。
141016c11.jpg

これを「らせん状」に絞ったクリームへ散らせます。
141016c12.jpg

141016c13.jpg

その後、栗3個を天に盛る。

6、仕上げはナパージュで艶出し
ナパージュを栗に塗る。
141016c14.jpg

見事な艶。変色も防ぎます。
141016c15.jpg

チョコチップにも「チョンチョン」と付ければ、マロンタルト全体がキラキラします。
141016c16.jpg

出来上がり。
141016c17.jpg

141016e26.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)



家庭料理 ブログランキングへ

すぐにできるナパージュ

★★★レシピ★★★
1、材料
・粉ゼラチン 5g
・水 50cc

水に粉ゼラチンを入れ、電子レンジにかけるだけ
141016e1.jpg

500Wで10秒

溶けたら、水をいれたボールなどに浮かべて冷ます。
ほんの少し「とろみ」を感じたら冷ますのをやめ、食材に塗ります。「とろみ」はどんどん強くなるので、ダマになってきたら再度レンジにかけて柔らかくします。500wで5秒ほど。そこから同じように冷まして濃度を調整します。
141016e2.jpg

2つのランキングに参加しているので応援(クリック)宜しくお願い致します。
(クリックの数で順位が決まります)



家庭料理 ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。